まめ知識

のページ

 まめ知識
もどる
温泉のまめ知識 温泉まめ知識


 体に安全な入浴方法
安全とされる主な入浴方法
・入浴の前後には、水分補給が大事
・42℃以上のお湯は、なるべく避ける
・お湯の水位は、「胸の辺りまで」の入浴を心がける
・朝の入浴は、なるべく避ける
・飲酒後は、入浴しない

 「のぼせ」の予防策
・ 入浴前、頭部に湯をかける
・ 予め、冷たいタオルを頭部に載せる
・ 露天風呂に入浴する

 風邪をひいた時の入浴
微熱程度であれば入浴できるが、「長湯」はしない。
( 体が温まりそうだが、かえって湯冷めの原因となる )
入浴後は、体を冷やさぬよう気をつける。
とくに濡れた髪は体を冷やす原因になるので、ドライヤーでよく乾かす。

 体への効果 「熱い湯」
交感神経を刺激して血圧を上げ、血流量を増やし、血糖値を高める。
・ 胃液を抑える (消化活動の低下)
・ 下痢を抑える
・ 体の水分が著しく低下

 体への効果 「ぬるい湯」
副交感神経を刺激し、体に鎮静作用をもたらす。
・ 食欲増進 (胃腸の働きを活発化)
・ 体を芯から温める
・ 心身をリラックスさせる
・ 血圧の低下

 温泉とは?
下記に一つでも該当すれば温泉です。
・泉温が25℃以上。
・特定成分(18種)を一つでも、規定以上含んでいる。
・溶存物質総量(ガス性を除く)が1g/kg以上。
*いずれも地中から湧出していること

 pH(ペーハー)値とは?
水素イオン濃度であり、0〜14まである。
酸性タイプ(6未満)では数値が低いほどピリピリする感触があり、肌を引き締めたり殺菌作用がある。
アルカリ性タイプ(7.5以上)では数値が高いほどヌルヌルする感触(石鹸作用)があり、美肌効果があるとされている。
( しかし、10以上の強アルカリ性泉は肌をカサカサにしてしまう )

 温泉の一般的な適応症
どの温泉でも ある程度の効果が期待できる症状
神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進
* お湯に入浴することによる効果です

 温泉入浴を避けるべき症状
急性疾患(とくに発熱)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性の疾患、高度の貧血、病勢進行中の疾患、妊娠中(とくに初期・末期)


温泉の資料 温泉定義などの資料


 温泉による分類 (源泉温度)
25℃未満     冷鉱泉
25℃以上     低温泉
34℃以上     温泉
42℃以上     高温泉


 水素イオン濃度(pH)温泉分類
ペーハー値 2未満     強酸性泉
2以上     酸性泉
3以上     弱酸性泉
6以上     中性泉
7.5以上   弱アルカリ性泉
8.5以上   アルカリ性泉
10以上    強アルカリ性泉

 *身近なもののpH値
1.5〜2 胃液
約2.5 レモン
約3.0 リンゴ
4.5〜6 皮膚、日本茶
約6.2 牛乳
6.5 水道水
7〜8
約7.4 血液
8〜8.5 海水
7〜10 石けん


 浸透圧による分類
低張性   含有成分総量8g/kg未満
等張性   含有成分総量8g/kg以上
高張性   含有成分総量10g/kg以上
人の体液に近い濃度とされる「スポーツドリンク」は等張性にあたる。
含有成分総量が多いほど、体内への成分取り込みが期待できる。
ちなみに・・
海水の塩分濃度 32〜35g/kg
水道水は中性 (浸透圧では低張性)


 新泉質名の見方
○○・○○-○○・○○泉
ハイフォン(-)を境に、
前は陽(プラス)イオン、後は陰(マイナス)イオン。
ナカグロ(・)は同じ属性のイオン成分であり、前記の方が含有量が多い。
* 含○○- は、療養泉規定を満たす塩類泉に表記される。


 レジオネラ菌について
主に注意が必要とされる場所
循環式の浴槽・バイブラバス・打たせ湯・人工の滝・沼地など。
通常は施設の衛生管理により、循環湯は塩素殺菌されている。
「pH値5.0以下の酸性泉」や「食塩泉」は菌の繁殖が不可能とされる。


 温泉分析書
温泉分析および分析書発行手数料
約7〜10万円 (分析施設による)
平成19年10月20日より、温泉成分の定期的な分析(10年ごと)が義務づけられた。





わかりやすく表記するために、一部情報を省いて記載しています。
  説明不足な点がある場合もございます、ご了承願います。


当サイトの見解における情報となるため、一部不適切な表現が含まれる場合がございます。
正確な情報をお知りになりたい方は、ご自身での確認をお願い致します。