管理コード.1306

北海道の温泉地一覧(道南)


もどる


温泉地一覧
オリジナルマップ


→ 温泉地一覧 道北

→ 温泉地一覧 道央

→ 温泉地一覧 道東

→
温泉地一覧 道南



北海道 南部の温泉

温泉

奥美利河温泉
おくぴりか おんせん
北海道瀬棚郡今金町の温泉
単純温泉 (弱アルカリ性低張性温泉)
源泉温度は約37℃とやや低温だが、温泉施設では加温せずにそのまま掛け流して利用している。

美利河温泉
ぴりか おんせん
北海道瀬棚郡今金町字美利河の温泉
ナトリウム・カルシウム - 塩化物泉
「クアプラザピリカ」 内に、日帰り入浴可能な温泉施設がある。

神威脇温泉
かむいわき おんせん
北海道の奥尻島湯浜の温泉
カルシウム・ナトリウム - 塩化物泉 (中性低張性高温泉)
旧泉質名は、含塩化土類 - 食塩泉。 源泉温度は約60℃とされる。

貝取澗温泉
かいとりま おんせん
北海道久遠郡せたな町大成区貝取澗の温泉
ナトリウム - 塩化物・炭酸水素塩泉 (中性低張性高温泉)
源泉温度は約50℃で、旧泉質名は、含重曹 - 食塩泉とされる。
1976年、環境庁により国民保養温泉地に指定された。

湯ノ岱温泉
ゆのたい おんせん
北海道檜山郡上ノ国町湯ノ岱の温泉
ナトリウム・カルシウム - 塩化物・炭酸水素塩泉 (中性低張性低温泉)
源泉は2つあるが泉質は同じ。 泉温は約30℃ - 35℃とやや低温。
1974年、環境庁により国民保養温泉地に指定された。

長万部温泉
おしゃまんべ おんせん
北海道山越郡長万部町の温泉
強食塩泉 (高張性弱アルカリ高温泉)
源泉温度は、約50℃。

二股ラヂウム温泉
ふたまた らぢうむ おんせん
北海道山越郡長万部町の温泉  ナトリウム・カルシウム- 塩化物泉
温泉の放射能濃度は、温泉法の基準値に達しておらず 泉質は放射能泉に分類されない。
温泉旅館そばには、源泉に含有する石灰分で形成されたとされる石灰華ドームがある。
石灰華ドームは、北海道の天然記念物に指定されている。

濁川温泉
にごりかわ おんせん
北海道茅部郡森町の温泉    ・硫黄泉 ・硼酸泉 ・塩化物泉 など
濁川カルデラ内に温泉が点在しており、泉温は約40 - 80℃と各源泉で温度帯に幅がある。
また、個人所有の温泉が多くあるとされる。

八雲温泉
やくも おんせん
北海道二海郡八雲町鉛川の温泉  ナトリウム - 塩化物・炭酸水素塩泉 (中性低張性高温泉)
旧泉質名は、含重曹 - 食塩泉。
掘削 動力揚湯型の温泉で、源泉温度は約45℃。 鉛川温泉とも呼ばれる。

桜野温泉
さくらの おんせん
北海道二海郡八雲町桜野の温泉
ナトリウム - 塩化物泉 (中性低張性高温泉)
旧泉質名は、弱食塩泉。 源泉温度は、約50℃。

上の湯温泉
かみのゆ おんせん
北海道二海郡八雲町上の湯の温泉
ナトリウム-塩化物 ・ 炭酸水素塩泉 など
温泉の泉源は落部川の中州辺りに位置し、源泉温度は約60 - 95℃とされる。

平田内温泉
ひらたない おんせん
北海道二海郡八雲町熊石平町の温泉   ナトリウム - 塩化物泉
旧泉質名は、弱食塩泉。 源泉温度は 約50℃。
平田内川上流に、岩をくりぬき作られた野湯露天風呂 「熊の湯」 がある。

見市温泉
けんいち おんせん
北海道二海郡八雲町熊石大谷町の温泉
ナトリウム - 塩化物泉 (中性低張性高温泉)  旧泉質名は、弱食塩泉。
源泉温度は約55℃。 温泉旅館があり、源泉掛け流しの温泉を利用できる。

鹿部温泉
しかべ おんせん
北海道茅部郡鹿部町の温泉  ナトリウム-塩化物泉、炭酸水素塩泉 など
源泉は30か所以上といわれ、泉温は約40 - 100℃と温度帯に幅がある。
温泉街南端に、間欠泉を中心とした 「しかべ間歇泉公園」 がある。

川汲温泉
かっくみ おんせん
北海道函館市川汲町の温泉
アルカリ性単純温泉、明礬泉
源泉温度は、約45 - 50℃とされる。

大船温泉
おおふね おんせん
北海道函館市大船町の温泉   含硫黄 - ナトリウム - 塩化物泉、含重曹食塩泉
源泉温度は、約55℃ 。
大船川沿い谷間に温泉地があり、約1kmの間隔で 「上の湯」 と 「下の湯」 に分かれている。

水無海浜温泉
みずなしかいひん おんせん
北海道函館市椴法華地区の温泉  ナトリウム-塩化物泉  源泉温度は、約40〜60℃
1965年、恵山温泉郷の一部として国民保養温泉地に指定された。
また、海岸沿いには 湯船の下から温泉が湧出する野湯露天風呂がある。 (満潮時に水没)

流山温泉
ながれやま おんせん
北海道亀田郡七飯町の温泉
ナトリウム・カルシウム-硫酸塩泉
掘削 動力揚湯型の温泉で、源泉温度は約45℃とされる。

湯の川温泉
ゆのかわ おんせん
北海道函館市湯川町の温泉  ナトリウム ・カルシウム -塩化物泉
湯の川温泉は、函館市街の北東部海岸沿いに温泉街が広がっている。
「函館の奥座敷」 ともいわれる。

谷地頭温泉
やちがしら おんせん
北海道函館市谷地頭町の温泉
ナトリウム - 塩化物泉 (中性高張性高温泉)  源泉温度は、約60℃。
函館市営の日帰り入浴施設 「谷地頭温泉」 があり、全浴槽が源泉掛け流しとなっている。

知内温泉
しりうち おんせん
北海道上磯郡知内町字湯ノ里の温泉
鉄鉱泉、炭酸塩類泉、重炭酸土類食塩泉、明礬泉  源泉温度は、約60〜70℃。
温泉の効能に対する評価が一般的に高く、湯治場としての利用が比較的多い。
また、北海道最古の歴史を持つ温泉地とされる。



*上記は、マップに記載している温泉地です。


ページの先頭へ


・・・・・・  お知らせ & ご注意  ・・・・・・

こちらは当サイト独自の見解であり、情報を保証するものではありません。
参考程度に、ご覧ください。

オリジナルマップは、画像の加工や転載を禁止とさせていただきます、ご了承ください。

当サイトをご覧いただき、ありがとうございます。
何かお気づきの点がありましたら、ご連絡をお願い致します。
   北海道の温泉情報
ピックアップ M e m o  同じ呼び名のある道南の温泉地


温泉 湯ノ岱温泉
 (ゆのたい おんせん)
    所在地→  北海道、秋田県

温泉 八雲温泉 (やくも おんせん)
    所在地→  北海道、島根県


温泉 湯の川温泉 (ゆのかわ おんせん)
    所在地→  北海道、青森県、島根県(湯野川温泉)


  日帰り温泉|湯めぐり札幌DX 北海道の温泉|決まる温泉旅 > 北海道の温泉地一覧(道南)