本文へスキップ

薄別温泉「佳松御苑 吉兆」、再開の兆し?

復活なの?高級旅館「佳松御苑 吉兆」

2015/05/30記述、2015/08/08追記、
2016/01/10追記、2017/01/13追記、
2017/05/11追記、2017/10/31追記

札幌市定山渓に位置する薄別温泉


札幌から国道230号線を中山峠方面へ、定山渓温泉を過ぎた辺りに位置する温泉です。

高級旅館「佳松御苑・吉兆」が、温泉を活用し唯一営業を行なっています。

約1万坪といわれる広い日本庭園を有する旅館は、自然に囲まれていることから「季節により様々な景色を楽しめる」と、大変好評でした。
また、「行き届いたサービス・もてなしが良い」という固定客も多くみられました。

泉温は約30℃。
泉質は炭酸水素塩泉、または単純温泉と明記されています。


現在は休業中


「佳松御苑・吉兆」は、雪害による建物への大きな損傷が確認された為、
2014年3月23日から長期休業しています。


薄別温泉の工事


国道230号線を車で走ると工事状況を確認することができます。

工事の状態を見るに・・
以前の建物は、全て取り壊し。
基礎部を含む、一からの建て直しとなる模様です。

現時点では、「開発事業計画の概要」という案内板のみの情報となります。

開発事業計画の概要

「開発事業計画の概要」

着手予定時期: 平成27年4月頃
予定建築物: ホテル 地上3階
開発者の氏名: 株式会社ハマノホテルズ
計画図

案内板では工事期間が記載されていないため、工事終了予定日を察することはできません。
また、ホテル名が記載されていないことから「再開」なのか「新規オープン」なのかも不明です。

しかしながら、開発者の氏名からみて、
「薄別温泉」が復活する兆しはある、というとらえ方をしてもよさそうです。

工事現場
工事は着々と進んでおります。
おそらく、案内板の「修景池」にあたる場所かと思いますが、重機でものすごく掘り込んでいる様子でした。
かなり、大掛かりな工事となりそうです。

今後の行方に期待ですね(^^)



2015/08/08追記
新たな標識が立てられていましたのでご報告です。
保安林内作業許可標識
「保安林内作業許可標識」というものです。

作業内容:建物の解体・改築に伴う作業ヤード敷地

作業の期間:平成27年4月1日から平成29年2月28日まで

上記からうかがえるのは、作業終了が2017年2月末ということ。

建物の完成がこの時期になるのかは不明ですが、少なくともこれまでの期間は工事が続くということです。

現時点でみる工事進行は、以前の2015年5月末とあまり変わらない様子。
パッと見はあまり変わらないのですが・・^^;
実はそのようなことはありません。かなり大幅な整地作業が続いているのです。



2016/01/10追記
情報をいただきました。
(Y・Zさま、ありがとうございます)

(旧)薄別温泉「佳松御苑・吉兆」の跡地について、(株)ハマノホテルズ系列の「定山渓グランドホテル瑞苑」へ問い合わせたところ以下の返答をいただいたとのことです。

「佳松御苑の跡地における新施設のオープンにつきましては、現在は設計段階となっており、着工(基礎工事を行うための土木工事の着手)には至っておりません。
具体的なスケジュールは未定ですが、2年ほど後に開業する予定となっております。」

ということで、薄別温泉は着工されていませんでした。
過去に記載した内容の一部に誤りがありました。
お詫びと共に訂正させていただきますm(__)m

重機での作業は、整地だけだったのでしょうか・・(-_-;)
標識が立てられていたのは事実なので、”着工が延期になった”ということも考えられます。

上記の回答から、新しい施設のオープンは2018年(平成30年)頃ということになります。
ですが、設計段階である以上、今後の予定変更も考えられるでしょう。

”新施設”ということですので、「佳松御苑 吉兆」の復活とはならないようです。
ですが、「薄別温泉」としては”復活”と考えてよさそうです。
少し先の話になりますが、どのような施設になるのか今から楽しみですね(^^)



2017/01/13追記

薄別温泉の再開予定日


当サイト閲覧者から情報をいただきました。
(Y・Zさま、ありがとうございます)
内容は以下の通りです。
・「薄別温泉」(旧:佳松御苑 吉兆)が、2018年(平成30年)6月に再開
・総事業費約14億5千万円
・地上3階建て、延べ2912平方メートルでレストランやエステサロン、バー、屋外庭園などを備える
・全23室に温泉を引き、展望風呂を設ける
・宿泊料金は2万5千円〜3万円
・名称は「佳松御苑 吉兆」をそのまま使う

*情報元は2017年1月12日「北海道新聞」
ということで、来年の6月再開となるようです(^^)

「新施設のオープン」と聞き、名称は変わるものと勝手に解釈しておりましたが、上記内容によると「佳松御苑 吉兆」として再開するようです。

上記の情報から新施設の概要は知ることができますが、長期休業していた高級旅館「佳松御苑 吉兆」が実際にどのような形で復活を遂げるのか・・。
とても気になりますネ(^-^;



2017/05/11追記

「佳松御苑 吉兆」、再開へ向けた工事


当サイト閲覧者から情報をいただきました。
(Y・Zさま、ありがとうございます)

「薄別温泉で大々的な造成工事が行わているのを確認した」ということで、画像をいただきましたので紹介いたします。

下の写真は、工事現場の状況です。
「佳松御苑 吉兆」の工事現場

建物を建てる前の「造成工事」が行われています。
左側には何台かの重機も確認することができます。
工事現場前には、新築予定の旅館についての工事標識や完成予想図があります。

完成予想図は下のとおりです。
「佳松御苑 吉兆」の完成予想図
旅館の向かって左側に造られる予定の大きな池。
池の中に突き出でたようなスペース。
以前の建物と、かなり似た造りにも感じます・・。

あくまでも完成予想図なので100%この通りとはならないかもしれませんが、いずれにしても周りの景色(自然)を満喫できる旅館となりそうです。

実は私も定山渓方面へ行く機会がありまして、工事現場を遠くから拝見させていただきました。
やはり、沢山の重機が稼働して造成工事が進行しておりました。
池になる予定と思われる部分は大きく掘り込まれ、池の形・大きさを感じ取れるほどに工事が進んでおりました。

2018年(平成30年)6月に再開予定ということで、完成までまだ約1年あります。
当分の間は、前の国道を通るたび 工事現場に目を奪われることになるでしょう(^-^;



2017/10/31追記

「佳松御苑 吉兆」、再開への工事が続く


再開へ向けた工事が続いているのですが、現在は建物となる骨格がかなり完成しており、建物正面部には屋根もできていました。
「奥定山渓温泉 佳松御苑」の工事現場

完成予定図から、建築場所の推測をすることもできます。
そしてこの度、新たな案内看板を発見いたしました。

開業予定日がついに決まったようです。
「奥定山渓温泉 佳松御苑」は、
2018年6月1日(金)開業予定となりました(^^)
「奥定山渓温泉 佳松御苑」の開業案内板

今年1月、北海道新聞に掲載された開業予定が「6月」でしたので、
6月1日に開業ということは、ここまでほぼ順調に工事が進んでいるものと思われます。

まだ、開業までは半年以上あります。
期待とともに今後の工事進捗も気になります・・。
(^-^;




会社概要(公式サイト参照)

<商号>
  株式会社 ハマノホテルズ
<事業内容>
 スパリゾートホテル
<設立>
  平成15年3月
<事業所>
 ■定山渓グランドホテル瑞苑
 ■旭岳万世閣ホテルベアモンテ
 ■旭岳万世閣ホテルディアバレー

「定山渓グランドホテル瑞苑」の外観
(定山渓グランドホテル瑞苑)

湯めぐり札幌「温泉記事」

最新記事

最新記事

2018/07/27

札幌市の「里塚温泉 ゆとり」が2018年10月末をもって閉店
2018/07/27

改修のため休業した「ニセコ新見温泉」、その後は?
2018/04/07

「ニセコ ワイスホテル」が2018年3月17日をもって閉館
2018/04/02
滝川ふれあいの里
滝川市「滝川ふれあいの里」が指定管理者変更
2018/03/18
章月グランドホテル
定山渓温泉「章月グランドホテル」が事業譲渡
→ 記事一覧

◇ご注意
当サイト独自の見解で記載しているため、一部に不適切な表現が含まれる場合がございます。
確実な情報をお知りになりたい方は、ご自身での確認を宜しくお願い致します。
また、何かお気づきの点がございましたら、お手数ですが連絡をお願い致します。
(湯めぐりねっと編集部)

<PC版>
日帰り温泉|湯めぐり札幌DX
http://yumeguri.net


<スマホ版>
日帰り温泉|湯めぐり札幌DX
http://yumeguri.net/sp



 このページの先頭へ

copyright©  湯めぐりねっと all rights reserved.