本文へスキップ

北湯沢温泉「名水亭」、新ホテル名は「緑の風リゾートきたゆざわ」

北湯沢温泉「名水亭」がリニューアルオープン

2015/02/11記述、2015/03/28追記、
2015/04/15追記、2015/04/21追記

北湯沢温泉郷 湯元名水亭(野口観光グループ)


北湯沢温泉
北海道伊達市大滝区北湯沢温泉町300‐2
札幌から一般道で約2時間。

ホテルは1996年4月開業しています。
北海道で最大級といわれる「露天風呂」が大好評です。

低価格であるリーズナブル路線の料金体制で、団体・ファミリー層を中心に長年高い支持を受けています。


「名水亭」が 半年以上の長期休業


大幅な建物の改修工事のため、2014年11月1日(土)から全館休業
2014年12月27日(土)から着工しています。

当初の告知内容はこちら↓

<工事期間>
 2015年春までの約半年間
 (期間中は全面営業休止)

<改装内容>
 ■客室のリノベーション
 ■スパなど入浴施設の充実
ということで、発表当初は再開日を明確にされておりませんでした


2015年6月に再開予定


2015年6月オープン予定
現時点(2015年2月)では、北湯沢の各温泉ホテルにおいて、「名水亭」の再開へ向けた告知が貼られています。
告知では「2015年6月オープン予定」とされています。

ちなみに公式サイトでは、再開日の告知はされていません。
改装内容の告知もされておらず、再開後にどのような変更点があるのかを知ることはできません。

同系列ホテル従業員の方からの話しによると、客室及び浴場の改装が進行中
従来のリーズナブル路線から、準高級路線へ料金変更が行われるとのことです。


「名水亭」は どう変わる?


2014年12月24日(水)、登別石水亭にて野口観光グループ社長による記者会見が行われました。
ウェブでは様々な情報が出ていますが、会見内容を私なりにまとめてみました^^;
内容は以下の通りです。
■2015年6月下旬、リニューアルオープン予定
総事業費は約15億円。(岩田地崎建設の施工)
2015年6月中旬の完成をめざす。(引き渡し後にオープン)

■ホテル名を改称
「湯元名水亭」→「緑の風リゾートきたゆざわ」

■コンセプト
「道民が1年に何度も泊まりに行きたくなる、温泉と食が魅力のエンターテインメントリゾートホテル」

■宿泊料金の引き上げ
価格帯は、2名1室で1泊 1万2千円〜2万円弱に設定

■露天風呂を増設
現在の大露天風呂はそのまま維持。
ウッドデッキの回廊でつなぐ「つぼ風呂」や「箱風呂」の露天風呂を男女浴場にそれぞれ10ヶ所ずつ新設。
*浴場は朝夕入れ替え制で運用

■露天風呂へのエレベーターを新設
道内初となる「温泉内のエレベーター」を新設。

■食事
「バイキング」、「道産食材を使う洋食店」、「個室の和食店」、計3タイプのレストランを新設。

■客室を改装
11階には、高級・準高級客室を新設。
9階には、レディースフロアを新設。(カードをかざせばエレベーターが止まるしくみ)

■今後の行方
今後は、北湯沢温泉「湯元第二名水亭」も改装し、別館として運用。
湯の川温泉の「湯元啄木亭」は、北海道新幹線の開業(2016年3月)までに、準高級路線へ向けた改装が行われる予定。
他の温泉地(既存施設)においても今後、アッパーミドルクラスへ向けた改装を順次行なう予定がある。


現在の「名水亭」は?


当然、工事中のため休業中ですね^^;
ですが、「どうなっているのか見てみたい」と思い、見てきました^^;
外観ですが、こんな感じです↓

(2015年2月撮影)
改装工事中の「湯元名水亭」
建物中央辺りに、工事のための足場が組まれています。

名水亭の入口付近
工事車両が、ホテル入口前の土掘りをしています。
オープンが楽しみですね(^O^)

「緑の風リゾートきたゆざわ」へと改称される
改装工事中のホテル正面


ですが・・
その反面、日帰り入浴の利用が心配でもあります。
(-_-;)

同社の洞爺湖温泉「ザ・レイクビューTOYA 乃の風リゾート」では、現時点で日帰り入浴を行なっておりません
同じ準高級路線のホテルになった場合、日帰り入浴を行なうのかが気がかりです。

個人的な意見ですが、北湯沢温泉は「日帰りの湯めぐり」も楽しみのひとつだと思います。
なので、ぜひ日帰り入浴を行なっていただきたいところです・・^^;


2015/03/28追記
2015年3月27日(金)、湯元第二名水亭の公式サイトにて告知がありました。

「緑の風リゾートきたゆざわ」は、
2015年6月22日(月)にオープン予定となりました。
尚、宿泊予約の受付は、4月上旬予定となっております。


2015/04/15追記
4月14日(火)、「緑の風リゾートきたゆざわ」の電話が開通した模様。
TEL 0142−68−8126
宿泊の予約は、4月20日(金)より電話またはメールにて受付予定とのことです。


2015/04/21追記
「緑の風リゾートきたゆざわ」の公式サイトの内容が少しずつ充実してまいりました(^^)
まだ、現時点ではホテル内の写真などをたくさん見ることができませんが、公式サイトではフロア案内を確認することができます。

さて、当サイトは「日帰り温泉」をメインコンテンツとしています。
なので、「日帰り入浴がどうなっているのかが、早く知りたい!」のです(笑

というわけで、早速メールにてホテルへ確認をとらせていただきました。
ホテル従業員の方、お忙しいところお返事をいただき、ありがとうございましたm(__)m

いただいたお返事は、このような内容でした↓

「緑の風リゾートきたゆざわ」は、日帰り入浴を行なう予定はありません。

以前の「3館湯めぐり」は利用できなくなります。


「う〜ん・・」(-_-;)残念
 そんな気はしていましたが・・。
北湯沢温泉の「3館湯めぐり」を私は好んで利用していたので、かなりショックです(;_;)

でも冷静に考えると、ホテルのグレードを上げた以上、宿泊者へのサービス向上へ力をそそぐのが自然な流れ、ということなのでしょう。

ということで、新しくなった名水亭(緑の風リゾートきたゆざわ)は宿泊してゆっくりと楽しみましょう。

最近のホテル事業では、個人客層が静かにくつろげるモダンなデザインの客室、フロアなどへのリニューアルが増えています。
共に、ホテル基板であるコンセプトの転化を行ない、利用料金やサービスにも大きな変化がみられます。

これらを考えると、今後「日帰り利用のできるホテル」が減少する恐れがあります(-_-;)
そもそもホテルは、”宿泊がメイン”なわけですから、おかしな話ではありませんが(^_^;)

でも、「日帰り枠も残してほしいな・・」というのが、日帰り温泉好きな私の率直な気持ちです・・。
宿泊の際の「湯めぐり」も楽しいですし(^^)ネ




湯めぐり札幌「温泉記事」

最新記事

最新記事

2018/04/07

「ニセコ ワイスホテル」が2018年3月17日をもって閉館
2018/04/02
滝川ふれあいの里
滝川市「滝川ふれあいの里」が指定管理者変更
2018/03/18
章月グランドホテル
定山渓温泉「章月グランドホテル」が事業譲渡
2017/11/27
ユーパロの湯
夕張市「ユーパロの湯」、2017年11月16日より休業
2017/03/25
スーパー銭湯 太陽
札幌市の「スーパー銭湯 太陽」が閉店
→ 記事一覧

◇ご注意
当サイト独自の見解で記載しているため、一部に不適切な表現が含まれる場合がございます。
確実な情報をお知りになりたい方は、ご自身での確認を宜しくお願い致します。
また、何かお気づきの点がございましたら、お手数ですが連絡をお願い致します。
(湯めぐりねっと編集部)

<PC版>
日帰り温泉|湯めぐり札幌DX
http://yumeguri.net


<スマホ版>
日帰り温泉|湯めぐり札幌DX
http://yumeguri.net/sp



 このページの先頭へ

copyright©  湯めぐりねっと all rights reserved.