本文へスキップ

ニセコの「新見温泉」が再開予定

新見温泉は復活する

2016/09/06記述、2017/02/07追記、
2017/07/01追記

新見温泉の閉館


新見本館
「ニセコにある新見温泉ホテル・新見本館が閉館する」という情報が出たのは、昨年2015年のことです。
詳しくはこちら↓
ニセコの「新見温泉」が閉館(廃業)

その後、2016年1月には「新見温泉が存続する」という情報がありました。
詳しくはこちら↓
ニセコの「新見温泉」が存続か?!


新見温泉が再開の予定


新見温泉ホテル
2016年1月に、「新見温泉は存続する」という情報がありましたが、その後は情報に進展がありませんでした。

しかし、新見温泉の閉館から約5ヶ月以上が経過した今日、当サイト閲覧者から素晴らしい情報をいただきました。(Y・Zさま情報ありがとうございました)

ついに、北海道新聞にて新見温泉の再開予定記事が出たようです。
情報元は北海道新聞(2016年9月6日)です↓


3月閉館の蘭越「新見温泉」
札幌の会社社長に売却、12月にも日帰り入浴再開


ニセコの山あいの秘湯として知られ、今年3月に閉館した後志管内蘭越町の温泉宿 「新見温泉ホテル」(20室、木造2階建て延べ1443平方メートル)と「新見本館」(22室、同延べ1859平方メートル)が、札幌の不動産賃貸業、敷島屋の中村達也社長に売却されていたことが分かった。

施設を所有していた新見観光の新見健社長(75)によると、中村氏は札幌観光バス子会社の旅行会社クールスター(札幌)に運営を委託する方針という。

同社の福村泰司社長は北海道新聞の取材に「夏も冬もアウトドアを楽しめる最高の場所。海外の富裕層も楽しめるようにしたい」と答え、建物を改修した上で12月にも日帰り入浴の受け入れや食事の提供を再開する考えを示した。

宿泊客は受け入れない。
将来的には旅館の建て替えも検討しているという。
売却は8月10日付で、 金額は非公表。

新見温泉はニセコのスキーリゾートから車で約30分の場所にある。
広島の入植者 が1912年(明治45年)に温泉旅館を始め、60年に新見本館と新見温泉ホテル が開業。
泉質の良さからファンも多かったが、新見社長らが高齢などで経営を断念し、売却先を探していた。

ということで現時点の予定では、年内に日帰り入浴として営業を再開するようです。

12月の再開はあくまで予定なので、予定日は変更する可能性があります。
ですが、記事の内容から新見温泉の再開はほぼ確定のようです。

「新見温泉が閉館」という情報が出た時には、”廃業”ということも伝えられていました。
多くの方々が「一体どうなるのか・・」と心配しておられたでしょう。

ですが、これでひと安心ですね(^^)
皆さんの”新見温泉への想い”が届いたようです。



2017/02/07追記
2017年1月7日(土)に再開した「新見温泉」へ行ってきました。
下の記事をご覧ください。
 → ニセコの温泉「新見温泉」のご紹介



2017/07/01追記
2017年7月1日(土)より、再開日未定長期休業です。
*施設老朽化に伴う改修工事が主な理由




当サイト店舗ページはこちら↓
新見温泉
湯めぐり札幌「温泉記事」

最新記事

最新記事

2018/04/07

「ニセコ ワイスホテル」が2018年3月17日をもって閉館
2018/04/02
滝川ふれあいの里
滝川市「滝川ふれあいの里」が指定管理者変更
2018/03/18
章月グランドホテル
定山渓温泉「章月グランドホテル」が事業譲渡
2017/11/27
ユーパロの湯
夕張市「ユーパロの湯」、2017年11月16日より休業
2017/03/25
スーパー銭湯 太陽
札幌市の「スーパー銭湯 太陽」が閉店
→ 記事一覧

◇ご注意
当サイト独自の見解で記載しているため、一部に不適切な表現が含まれる場合がございます。
確実な情報をお知りになりたい方は、ご自身での確認を宜しくお願い致します。
また、何かお気づきの点がございましたら、お手数ですが連絡をお願い致します。
(湯めぐりねっと編集部)

<PC版>
日帰り温泉|湯めぐり札幌DX
http://yumeguri.net


<スマホ版>
日帰り温泉|湯めぐり札幌DX
http://yumeguri.net/sp



 このページの先頭へ

copyright©  湯めぐりねっと all rights reserved.