本文へスキップ

「ニセコ 雪秩父」、9月19日 リニューアルオープン!

待ちに待った、ニセコの雪秩父が再開!

2015/08/31記述、2015/09/18追記

2014年4月の休業から約1年5ヶ月・・
復活まで長かった^^;

ついに、「国民宿舎 雪秩父」がリニューアルオープンです。

2015年8月上旬、建て替え工事中の雪秩父↓
建て替え工事中の「ニセコ国民宿舎雪秩父」@

建て替え工事中の「ニセコ国民宿舎雪秩父」A

現時点(2015年8月31日)の「ニセコ 国民宿舎 雪秩父」の公式サイトでは、平成27年9月頃オープンとしています。

蘭越町の総務課地域振興係に、リニューアル後の営業内容を問い合わせてみました。
少ない情報ですが、現時点で確認できた内容は以下の通りです。

日帰り入浴施設
「ニセコ 交流促進センター雪秩父」

2015年9月19日(土)午前10時 リニューアルオープン!

<営業時間>
 10:00〜21:00 (最終受付20:00)

<定休日>
 毎週火曜日 (祝日・年末年始・GW除く)

<入浴料金>
 大人500円 子供300円
9月19日(土)にオープンということは・・シルバーウィークぶっつけ!ということですか。
う〜ん(-_-;) ちょっと混みそう・・。

「ニセコ 国民宿舎 雪秩父」は、全国規模で有名な温泉ですからファンも多いでしょう(^O^)
しばらくは、かなりの賑わいをみせそうです^^;

ちなみに以前は・・
営業時間→ 9:30〜20:00
定休日→ 無休
料金→ 大人500円 子供300円

ということで、営業時間や定休日の変更はありますが、安い入浴料金は変わらないようです。
500円で、またあの良質な温泉が楽しめるなんて嬉しいですね(^^)

近日、公式サイトにて正式な告知があると思います。
再開が楽しみですね(^O^)



2015/09/18 追記
さて、いよいよオープンとなるのですが本日TV放送にて営業内容が紹介されていましたので記述しておきます。
ちょっと驚いたのは、施設名が変わるということ。

国民宿舎雪秩父↓
交流促進センター雪秩父

ということで、国民宿舎ではなくなります。

言われてみれば、日帰り専用の施設になるのですから納得ですね(^_^;)
ただ、言い慣れるのには少し時間がかかるかも・・。

営業内容は、上記で紹介した内容とほぼ同じでした。
(営業時間は一部訂正させていただきました)

浴場の紹介です。
以前同様に階段を降りて浴場へ行くのですが、新たに「エレベーター」が設置されました。
これでバリアフリー化されたわけですね。

浴場では以前のように、加水・加温なしの良質な温泉(硫黄泉と鉄鉱泉)が楽しめます。
浴場内はかなり綺麗に整備され、今時のスーパー銭湯を思わせるほどに利便性がアップ。
新しくなったのが嬉しい反面ちょっと残念な想いも・・(-_-;)

内湯浴槽は、「硫黄泉浴槽」と「鉄鉱泉浴槽」の2つ。
これは男女共通のようです。

露天風呂は男女で大きく違います。
男湯の露天風呂は2つ→ 硫黄泉
女湯の露天風呂は5つ→ 硫黄泉、鉄鉱泉、ドロ湯、など

露天風呂は以前の面影が残っているのですが、男湯側は正直言って大幅に縮小された感じです。
広くて色々な浴槽があったのが楽しみのひとつだったのですが、そこは少し残念です。
ただ、温泉の質や露天風呂の絶景に変わりはないようなのでひと安心です。

道内のみならず全国規模で親しまれていた温泉施設ですから、リニューアルオープン後はしばらく混雑するでしょうね(^_^;)

日帰り温泉施設、として生まれ変わった「ニセコの雪秩父」。
あなたは、どのように評価するでしょうか。




− 交流促進センター雪秩父 −
建て替え工事中の「ニセコ国民宿舎雪秩父」B
北海道磯谷郡蘭越町字湯里680
(札幌から車で約2時間30分)


温泉:単純硫黄泉(硫化水素型)と単純温泉

当サイト店舗ページ↓
ニセコ交流促進センター 雪秩父


関連記事

「ニセコ、国民宿舎雪秩父の今」2014年7月

「ニセコ、国民宿舎雪秩父」の建て替え工事(2015年5月)

ニセコの温泉「雪秩父」のご紹介(感想)


湯めぐり札幌「温泉記事」

最新記事

最新記事

2018/07/27

札幌市の「里塚温泉 ゆとり」が2018年10月末をもって閉店
2018/07/27

改修のため休業した「ニセコ新見温泉」、その後は?
2018/04/07

「ニセコ ワイスホテル」が2018年3月17日をもって閉館
2018/04/02
滝川ふれあいの里
滝川市「滝川ふれあいの里」が指定管理者変更
2018/03/18
章月グランドホテル
定山渓温泉「章月グランドホテル」が事業譲渡
→ 記事一覧

◇ご注意
当サイト独自の見解で記載しているため、一部に不適切な表現が含まれる場合がございます。
確実な情報をお知りになりたい方は、ご自身での確認を宜しくお願い致します。
また、何かお気づきの点がございましたら、お手数ですが連絡をお願い致します。
(湯めぐりねっと編集部)

<PC版>
日帰り温泉|湯めぐり札幌DX
http://yumeguri.net


<スマホ版>
日帰り温泉|湯めぐり札幌DX
http://yumeguri.net/sp



 このページの先頭へ

copyright©  湯めぐりねっと all rights reserved.