登別温泉の地獄谷

のページ

 登別温泉の地獄谷
もどる
体験記   登別温泉の地獄谷


開湯 安政五年(西暦1858年)

登別温泉は北海道を代表する大温泉郷で、
11種の温泉が楽しめることから
「温泉のデパート」ともいわれています。
「デパート」っていうのはちょっと時代を感じさせますが・・^^;

なんと1日約1万トンの温泉が自然湧出しており、
源泉温度は約45〜90℃と湯温が高いのが特長なのです。

第一滝本館付近にある
泉源公園です。
子鬼の像がとっても可愛い!(^O^)

地獄谷から流れる温泉の川沿いから
噴出する「間欠泉」を活用した公園です。
登別温泉の泉源公園

約3時間の間隔で、
湯が勢いよく噴出するとのことです。

この時は残念ながら、まだ噴出していませんでした。

約3時間の間隔ですから、待ってて見れる感じではないです^^;
しかも時刻表があるわけでもないので^^;時間を合わせることもできず、「偶然見れる」という感じですね。

ただ、煙が多量に出てきたり音が激しくなったりと、噴出する予兆はあるようです。
登別温泉の泉源公園2

登別温泉では、記念撮影にとても人気のある
「鬼スポット」が、いくつか点在しています。

地獄谷の泡を立てて煮えたぎる風景が
「鬼の住む地獄」の由来になったとか。
鬼スポット


〜 地獄谷 〜

登別といえば「地獄谷!」という印象がありますが、実は登別温泉にはいくつかの泉源があるということです。

その中でも最大の泉源地といわれるのが
「地獄谷」なのです。
登別地獄谷

日和山の噴火活動によりできた爆裂火口跡が、現在の「地獄谷」として全国的にも有名な観光地をつくりだしています。 登別地獄谷2

「地獄谷」
直径は約450m、面積約11ha

数値で表現してもピンときませんが^^;実際に見たらやっぱり圧倒されますね(^^)

自然の力はスゴイ (・o・)
登別地獄谷3

「ボコボコ」と湯が湧き上る音や広範囲にわたり湯気が上がるなど、近くで見るとかなりの迫力を感じます。

どこから音がするのかを探すのも楽しいですよ
(^O^)
登別地獄谷4

谷に沿って
多くの湧出口や噴気孔が見られます。

「え!こんなところにも!?」
登別地獄谷5

奥に見えるのが第一滝本館。
大浴場(男湯)からも地獄谷をご覧いただけます。

入浴していると、外から浴場が丸見えのように感じますが・・

地獄谷の遊歩道側から建物を見ると、意外にも中はほとんど見えません。
登別地獄谷6

地獄谷遊歩道。

遊歩道の横では温泉水の川が流れています。

ここを歩いている時が、一番テンション上がります
(^O^)

この先を進むと鉄泉池があります。


登別地獄谷の遊歩道

毎分3000リットルの湧出量を誇るという泉源「地獄谷」からは、温泉街のホテルや旅館などへ温泉が給湯されています

湧出量が毎分3000リットルって
スゴイですね・・^^;

他に、「温泉の自然湧出量、1日1万トン」ともいわれています。

北海道内では、湯量が多いといわれる温泉地でも、これほどの湧出量は聞いたことがありません^^;


登別地獄谷の遊歩道2

遊歩道を歩いていると硫黄臭はもちろんするのですが、所により湯気も多いです。

異世界のような錯覚さえ感じさせる景色に、思わず足が止まってしまいます^^;
登別地獄谷の遊歩道3

着きました。
こちらが鉄泉池です。

地獄谷のほぼ中央に位置する
「間欠泉」ということです。

この「鉄泉池スペース」は案外狭いので、団体の観光客が多いとちょっと混雑している時があります^^;
登別地獄谷の鉄泉池

鉄泉池では迫力ある音と共に、
温泉が湧き上がります。
登別地獄谷の鉄泉池2

「間欠泉」は数十秒間隔で、まるで生き物のように湯が湧いたり、ひいたりしています。




・・・

なんだか不思議な感じですね。




このように写真で紹介すると、なんだかどれも似たような画像になってしまう^^;のですが
実際に見ると、どの瞬間も「シャッターチャンス!」と感じるほどに感動します(^O^)よ。
登別地獄谷の鉄泉池3

登別地獄谷の鉄泉池4

登別地獄谷の鉄泉池5
見ていると
楽しくて結構見とれてしまいます。



ずーっと見ていても飽きないです^^;
登別地獄谷の鉄泉池6

泉温は約80℃あるとのことです。


楽しく拝見していますが・・
お湯をもし触ったら、すぐに火傷なのですね^^;

危険な事がないように、鉄泉池の周りにはしっかりと「防護策」があり、特別無理をしない限りは安全ですのでご安心を^^;
登別地獄谷の鉄泉池7


地獄谷1周コースは568mです。
徒歩で約10分となっています。

それほど長いコースでないため、幅広い年齢層に人気があるようです。


また、地獄谷を観光してから
ホテルや旅館などの温泉に入ると、
入浴の楽しみをより引き立てる様ですよ。(^_^)y


2010/06 調査



ページの先頭へ


情報は、当サイトにおける調査日のものです。
正確な情報をお知りになりたい方は、公式サイトなどでの確認をお願い致します。

日帰り温泉|湯めぐり札幌DX体験記 > 登別温泉の地獄谷