湯めぐり札幌
にいかっぷ
もどる
施設名 新冠温泉 レ・コードの湯
住所 新冠郡新冠町字西泊津16−3
TEL 0146−47−2100
駐車場 約 150台
アクセス  札幌から約2時間40分(一般道)
バス 
 ・ バリアフリー  あり
新冠温泉 レ・コードの湯
営業時間  5:00〜8:00/10:00〜22:00
温まる 美肌 いやす 治療
定休日 年中無休
評価マーク
入浴料
大人  500円  販売品
  ・フェイスタオル 300円
  ・バスタオル 1200円
小学生  300円
幼児   無料
回数券 11枚綴り  5000円(大人のみ)

アメニティ
シャンプー  ○ タオル  ×
リンス  ○ バスタオル  ×
ボディソープ  ○ 館内着  ×
温泉再入浴  可

温泉詳細
泉質 ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉 (低張性アルカリ性冷鉱泉)   旧名 含重曹-食塩泉
源泉温度  17.8℃ 加水  なし
湧出量 毎分 72リットル 加温  あり
pH値  8.8 循環ろ過・塩素殺菌  あり
成分総計  2.164g/kg モールタイプ  ×
源泉掛け流し  × 飲泉  ×

風呂の種類
 ひのき風呂 (和風風呂側) 温泉 ブラックシリカ  打たせ湯
 主浴槽 (洋風風呂側) 温泉 ブラックシリカ  水風呂
 寝湯 温泉  露天風呂 温泉
 気泡湯 ブラックシリカ

その他の施設
 ・ 岩盤浴  ×   プール  ×
  サウナ  ○   おみやげ処  ○
  あかすり  ×   ゲームコーナー  ○
 ・ 無料休憩室  ○   キッズスペース  ×
  仮眠スペース  ×   パソコン  −
  食事処  ○ お風呂で健康家族 健康家族!
  宿泊施設  ○
  ボディマッサージ  ×
  髪切処  ×

浴場・脱衣所詳細
脱衣所ロッカー  ○ 貴重品ロッカー  ○
シャワータイプ(開放式・時間式)  時間式 洗い場数(10以下・10以上)  10以上
露天風呂の景色(A・B・C)  B 浴場BGM  △ (露天のみ)
ドライヤー(無料・有料)  無料 綿棒  ○
ティッシュ  ○ 化粧水(女湯)  ×

評価 shin オススメ度4
国道235号線沿いに大型案内看板があり、曲がって少し登ると小高い場所に温泉施設が建っています。

清掃が行き届いているようで、館内はとてもきれいで(特に浴場の窓)清潔感がありました。

浴場は洋風と和風があり男女日替わりで利用できるのが良いです。

浴槽の種類がわりとあるうえ、露天風呂からは牧場を見わたすことができ、自然を味わいながら入浴を楽しむことができます。

温泉は非常にpH値が高いため、湯ざわりはヌルヌルした感触があり、美肌に効果が見込めそうです。

宿泊施設を備えていますが、日帰り温泉に力を入れている温泉施設です。


評価 miyu オススメ度3
浴室は綺麗ですが、あまりお風呂の種類はありません。

洗い場の数もそう多くはないです。
また、私が座った場所が悪かったのか、シャワーの出る温度がまちまちで 温度設定しているのに、ものすごく熱くなったり水になったりで不便でした。

ドライヤーも少ないので、混んでいる日は使えないかも。

珍しいのが脱衣所に大きな窓がある涼む場所があって、椅子に座って外の景色を眺められるのです。

町の観光施設のひとつになっているだけあって、お風呂や休憩所からの眺めはとても良いです。

その分、夏の観光シーズンには混むかもしれません。



花

map

花
新冠郡新冠町字西泊津16−3

花

photo

花
「新冠温泉 レ・コードの湯」の外観
温泉施設の外観
「新冠温泉 レ・コードの湯」の露天の景色
露天の景色

店舗ページにおける注意
ご注意         
当ページは調査日をもとに独自の見解で掲載おり、情報内容に誤りがある場合がございます。
確実な情報をお知りになりたい方は、ご自身で直接 店へ問い合わせすることをおすすめします。

また、情報内容に変更や誤りがある場合は、お手数ですが
→ メール にてご連絡ください。
(メールには、店名の記入をお願いします)

 ・ 更新情報
2017/04/03 サイトチェック ■販売品を訂正
フェイスタオル 200円→300円
バスタオル 800円→1200円
2015/05/11 サイトチェック 営業時間を追記
販売品を記述
2015/05/11 TEL確認 再入浴区分を記述
2009/05/07 新規調査 店舗ページを作成
店舗ページ、お知らせ
*2014年4月の消費税改定に伴い、入浴料金の記載は「税込み」とさせていただきます。
 また、店舗情報の変更は随時行なっておりますが、一部実際とは異なる場合がございます。


日帰り温泉|湯めぐり札幌DX   店舗ページ (Ver.4) → サイトトップへ
湯のちからをかり、とわの健康を願う

ピックアップ情報