本文へスキップ

朝里川温泉ホテル

小樽市朝里川温泉ホテル

朝里川温泉ホテル

お店の情報
朝里川温泉スキー場近くのホテル

小樽市朝里川温泉の道道1号線沿い、朝里川温泉スキー場の近くにある温泉ホテルです。
閉館した旧「かんぽの宿 小樽」(1959年開業)をリニューアルし、「朝里川温泉ホテル」と改名して、2022年1月にオープンしています。

浴場は、ホテルの2階に位置します。
宿泊施設にしては浴場の規模が小さく、浴槽数は内浴場に2つと露天に1つのみとなります。
洗い場が少なめで浴槽の数も少ないですが、露天には「屋根付きの立派な岩風呂」があり、源泉に近い温泉を楽しむことができます。

宿泊施設ではありますが、ランチの食事や日帰り用の休憩場所も用意されています。
ホテルにしては、日帰り入浴が比較的低料金なので、立ち寄り湯として利用するのも良いでしょう。

【おすすめポイント】
 温泉☆☆ くつろぎ☆ いやし☆



営業時間
11:00〜20:00(最終受付19:30)
定休日
年中無休(メンテナンス休日あり)




料金
全日 土日祝
大人 650円
小学生 300円
未就学児 100円
【特記事項】
■レンタル品
 レンタルタオル 300円
アメニティ
シャンプー リンス ボディソープ ドライヤー(無料)
設備
休憩所 食事
*食事は昼食時間のランチ
再入浴
館内から出なければ、何度でも入浴できます。




お風呂の種類
主浴槽 ジェットバス
露天風呂
浴場詳細
洗い場数
(10以下・10以上)
→10以上
シャワータイプ
(自動停止・開放)
→開放
露天風呂の景色
(A・B・C評価)
→C



温泉のデータ
(平成24年06月 温泉分析書参照)
泉質
→カルシウム・ナトリウムー塩化物温泉
 (弱アルカリ性低張性低温泉)
源泉温度
→32.0℃
湧出量(毎分)
→記載なし
pH値
→7.7
成分総計
→2.705g/kg
加水
→なし
加温
→あり
循環ろ過・塩素殺菌
→あり
飲泉
→なし
源泉かけ流し
→なし
モール泉(腐植質)
→なし



フォト
「朝里川温泉ホテル」の建物外観
建物外観
「朝里川温泉ホテル」の館内
館内
「朝里川温泉ホテル」の2階通路
2階通路

「朝里川温泉ホテル」の2階浴場入口
2階浴場入口
「朝里川温泉ホテル」の脱衣所
脱衣所
「朝里川温泉ホテル」の化粧台
化粧台

「朝里川温泉ホテル」の浴場
浴場
「朝里川温泉ホテル」の露天風呂
露天風呂
「朝里川温泉ホテル」の休憩場所
休憩場所




アクセス
◇所在地
 小樽市朝里川温泉2-670

◇TEL 0134-54-0026

◇駐車場 約50台

◇車でのアクセス(一般道)
 札幌から 約1時間




お知らせ
  • 注意事項 
  • 更新情報 
  • 過去のコメント 
ご注意

<ご注意>
■入浴料金の記載は、「税込み」とさせていただきます。
■当ページは、調査日をもとに編集部独自の見解で記載しております。随時ページの更新を行なっておりますが、記載内容には誤りが含まれる場合がございます。ご了承ください。
また、記載内容において何かお気づきの場合は、お手数ですがメールにてお知らせください。
(メールには店名の記入をお願いします)

2022/01/07 新規調査
■店舗ページを作成
更新情報
更新情報のご案内

店舗ページを更新した内容・詳細を記録しています。
「更新情報」では、ページの更新状況および過去の情報を確認することができます。


shin

旧「かんぽの宿 小樽」(1959年9月開業)をリニューアルし、2022年1月8日(土)にオープンしています。

元が郵便局関連の保養施設ということで、全体的に設備や館内フロアーがやや簡素な造りです。
オープンに伴い改装工事が行なわれましたが、大きな変更点は客室の追加となっておりますので、浴場はほとんど変わりがありません。
宿泊施設のわりに、浴場は小さくサウナもありません。
ですが露天スペースは狭くなく、屋根付きの風情ある立派な岩風呂があります。
周囲は自然が沢山なので空気が美味しく、気分をリフレッシュするには良い露天風呂です。

宿泊施設ではありますが、浴後の休憩場所が用意されているなど、日帰りでも利用しやすい環境が作られています。
入浴料金が安いのも、こちらの宿の魅力です。



miyu

ホテルの浴場にしてはかなり狭く、私たちが行った時は子供も含め9人いましたが、それだけでかなり混雑した印象を受けました。
また、シャワーの位置が高い所にしかないので、頭を流す時は手で持たなければならず(周りに飛び散るのを気にしなければいいのでしょうが・・)、逆にカランはとても低いので、使いづらかったです。

団体の会議などに使われていたと思われる大きな部屋が、日帰り用の休憩所になっていて、そこでゆっくりとはできました。
畳の部屋ではないので、横になる事はできませんでしたが^^;

ホテルのレストランで「ランチ」もやっているので、食事を楽しみがてら来るのも良いですし、近くに「スキー場」や「キャンプ場」があるので、そこでの汗をここで流して帰るのも良いのではないでしょうか。



過去のコメント
過去のコメントのご案内

新規調査時に記載したコメントです。(一部、追記含む)
記載内容は、現在の状況と異なる場合がございます。ご了承ください。
「過去のコメント」では、過去の情報を知ることができます。






湯めぐり札幌「店舗ページ」

店舗ページ (Ver.5)

<トップページ>
日帰り温泉|湯めぐり札幌DX
https://yumeguri.net



PR
【お知らせ】

当ページは、店舗の基本情報となります。
営業内容は、一時的に変更している場合がございますので、ご注意ください。




 このページの先頭へ

copyright©  湯めぐりねっと all rights reserved.