本文へスキップ

苫小牧温泉 ほのか

苫小牧市苫小牧温泉 ほのか

苫小牧温泉 ほのか

お店の情報
女性に嬉しい「美肌の湯」

旧「割烹温泉 いといの湯」を改装し、新たに岩盤浴を設け、「苫小牧温泉 ほのか」として2011年5月にオープンしています。

リクライニングチェアや漫画処、仮眠スペースやキッズスペースなど、休憩場所が充実しているのは「ほのか」全店共通の長所です。
温泉はもちろん、岩盤浴も、休みながらじっくりと楽しむことができます。

「苫小牧温泉 ほのか」の温泉は、成分に腐植質を含んだ 含重曹−食塩泉(旧泉質名)です。
女性には嬉しい「美肌効果」が見込める温泉で、身体も良く温まります。
源泉温度が低いため加温をしていますが、加水は行なっていない「源泉のお湯」を堪能することができます。
温泉なのは主浴槽のみですが、他にも入浴剤を使用した「様々なお湯」で入浴を楽しむことができます。

【おすすめポイント】
 温泉☆☆ くつろぎ☆☆☆ いやし☆



営業時間
9:00〜24:00(最終受付23:30)
定休日
年中無休(メンテナンス休日あり)




料金
全日 土日祝
大人 880円
子供 300円
幼児 無料
*館内着なし
【特記事項】
■レンタル品
 フェイス・バスタオルセット 200円
 岩盤浴用タオル 150円
アメニティ
シャンプー リンス ボディソープ
ドライヤー(無料) 館内着
*館内着はタオルセットへ変更可
設備
サウナ 岩盤浴(無料) 休憩所
食事 キッズスペース
再入浴
館内から出なければ、何度でも入浴できます。




お風呂の種類
主浴槽
温泉
バイブラバス
替わり湯 水風呂
露天風呂
浴場詳細
洗い場数
(10以下・10以上)
→10以上
シャワータイプ
(自動停止・開放)
→両タイプ併用
露天風呂の景色
(A・B・C評価)
→C



温泉のデータ
(令和元年6月 温泉分析書参照)
泉質
→ナトリウムー塩化物・炭酸水素塩泉
 (弱アルカリ性低張性冷鉱泉)
源泉温度
→16.5℃
湧出量(毎分)
→170L(聴取)
pH値
→8.2
成分総計
→0.971g/kg
加水
→なし
加温
→あり
循環ろ過・塩素殺菌
→あり
飲泉
→なし
源泉かけ流し
→なし
モール泉(腐植質)
→あり
(腐植質0.2mg/kg)



フォト  *一部公式サイトより
「苫小牧温泉 ほのか」の建物外観
建物外観
「苫小牧温泉 ほのか」の館内
館内
「苫小牧温泉 ほのか」の脱衣所
脱衣所

「苫小牧温泉 ほのか」の洗い場
洗い場
「苫小牧温泉 ほのか」の浴場
浴場
「苫小牧温泉 ほのか」の露天風呂
露天風呂

「苫小牧温泉 ほのか」の食事処
食事処
「苫小牧温泉 ほのか」の漫画処
漫画処
「苫小牧温泉 ほのか」の岩盤浴
岩盤浴入口




アクセス
◇所在地
 苫小牧市糸井124-1

◇TEL 0144-76-1126

◇駐車場 約230台

◇車でのアクセス(一般道)
 札幌から 約2時間




お知らせ
  • 注意事項 
  • 更新情報 
  • 過去のコメント 
ご注意

<ご注意>
■入浴料金の記載は、「税込み」とさせていただきます。
■当ページは、調査日をもとに編集部独自の見解で記載しております。随時ページの更新を行なっておりますが、記載内容には誤りが含まれる場合がございます。ご了承ください。
また、記載内容において何かお気づきの場合は、お手数ですがメールにてお知らせください。
(メールには店名の記入をお願いします)

2022/06/17 サイトチェック
■料金を改定
 大人830円→880円
■レンタル品を改定
 フェイス・バスタオルセット160円→200円
 岩盤浴用タオル110円→150円
2021/12/10 新規調査
■店舗ページを作成
更新情報
更新情報のご案内

店舗ページを更新した内容・詳細を記録しています。
「更新情報」では、ページの更新状況および過去の情報を確認することができます。


shin

「苫小牧温泉 ほのか」は、旧施設「割烹温泉 いといの湯」を改装し、オープンしています。
オープンに関わる経緯を下記に記録しておきます。

<経緯>
旧施設「割烹温泉 いといの湯」は、2010年12月5日をもって閉館。

2010年12月20日、運営会社が変更し再オープン。(24時間営業を廃止し、料金値下げ)

その後、施設改修工事のため休業するが、2011年4月25日に営業再開。(露天風呂をモール泉へ)

2011年5月27日、施設名を「いといの湯」から「苫小牧温泉 ほのか」へ改称。(新たに岩盤浴を設置)



miyu

札幌市手稲店や北広島市のほのかに比べると、浴室は狭いですが、脱衣所は広くて化粧台も2カ所にあります。
リクライニングチェアのお部屋や横になれる場所もあり、少し狭いですが女性専用の部屋もあるので、のんびりすることができます。

ほのかは食事にも力を入れていて、それぞれのほのかで力を入れている料理が違うので、食事を楽しみにして行ってもいいですね。私たちもお腹いっぱい食べて、寝てきました(笑)。

岩盤浴は2種類しかないので、他のほのかのようにあちこち入ってクールダウン室で冷まして・・・という事はできませんが、狭いわけではないので他の人に気を遣わずじっくり汗をかくことはできました。

ここは「ウポポイ」と割と近いので、観光に行ったついでに立ち寄ってみるのもいいですね。



過去のコメント
過去のコメントのご案内

新規調査時に記載したコメントです。(一部、追記含む)
記載内容は、現在の状況と異なる場合がございます。ご了承ください。
「過去のコメント」では、過去の情報を知ることができます。






湯めぐり札幌「店舗ページ」

店舗ページ (Ver.5)

<トップページ>
日帰り温泉|湯めぐり札幌DX
https://yumeguri.net



PR
【お知らせ】

当ページは、店舗の基本情報となります。
営業内容は、一時的に変更している場合がございますので、ご注意ください。




 このページの先頭へ

copyright©  湯めぐりねっと all rights reserved.