本文へスキップ

ホテル 甘露の森(かんろのもり)

ニセコ町 ホテル 甘露の森(かんろのもり)

ホテル 甘露の森(かんろのもり)

お店の情報
眺めの良い「天空露天風呂」

ニセコ町にある1983年開業の温泉ホテルです。
開業時、ホテル名は「ホテルレイトンニセコ」でしたが、2003年に「ホテル甘露の森」と改称しています。

四季折々で変わるニセコの森を楽しめるよう、館内設備や装飾には独特なこだわりをもった工夫が凝らされており、ホテルには自然を満喫できる環境があります。

浴場は、比較的シンプルな造りで浴槽の数も多くありません。
ですが露天風呂は、周囲の森を眺めながら入浴できるので心がとても癒されます。
この「天空露天風呂」は以前、片側の浴場にのみ設置されていましたが、2015年には新たにもう一つの「天空露天風呂」が設置されています。
したがって、現在では両方の浴場で「天空露天風呂」に入浴することができます。

ニセコの自然を十分に満喫できる露天風呂なので、日頃の疲れをリフレッシュしたい方にはおすすめ。
温泉と自然浴でゆっくりと疲れをとりましょう。

【おすすめポイント】
 温泉☆☆ くつろぎ☆ いやし☆☆☆



営業時間
11:00〜21:00(最終受付20:30)
定休日
不定休




料金
全日 土日祝
大人 900円
小学生 300円
幼児 無料
【特記事項】
 ■レンタル品
  フェイス・バスタオルセット200円
アメニティ
シャンプー リンス ボディソープ ドライヤー(無料)
設備
サウナ 休憩所 食事
再入浴
館内から出なければ、何度でも入浴できます。




お風呂の種類
主浴槽
温泉
副浴槽(男湯)
温泉
水風呂 森の天空露天風呂
温泉
浴場詳細
洗い場数
(10以下・10以上)
→10以上
シャワータイプ
(自動停止・開放)
→開放
露天風呂の景色
(A・B・C評価)
→A



温泉のデータ
(平成27年6月 温泉分析書参照)
泉質
→含硫黄-ナトリウム・カルシウム
  -塩化物・炭酸水素塩温泉(硫化水素型)

 (中性低張性高温泉) 
源泉温度
→50.6℃
湧出量(毎分)
→200L *自噴
pH値
→6.3
成分総計
→2.634g/kg
加水
→あり
加温
→あり
循環ろ過・塩素殺菌
→あり
(循環・かけ流し併用)
飲泉
→なし
源泉かけ流し
→なし
モール泉(腐植質)
→なし



フォト
「ホテル 甘露の森(かんろのもり)」の館内
館内
「ホテル 甘露の森(かんろのもり)」の浴場入口付近
浴場入口付近
「ホテル 甘露の森(かんろのもり)」の浴場
浴場

「ホテル 甘露の森(かんろのもり)」の露天風呂
露天風呂(男湯)
「ホテル 甘露の森(かんろのもり)」の露天風呂
露天風呂(女湯)
「ホテル 甘露の森(かんろのもり)」の休憩所
休憩所




アクセス
◇所在地
 虻田郡ニセコ町ニセコ415

◇TEL 0136-58-3800

◇駐車場 約150台

◇車でのアクセス(一般道)
 札幌から 約2時間




お知らせ
  • 注意事項 
  • 更新情報 
  • 過去のコメント 
ご注意

<ご注意>
■入浴料金の記載は、「税込み」とさせていただきます。
■当ページは、調査日をもとに編集部独自の見解で記載しております。随時ページの更新を行なっておりますが、記載内容には誤りが含まれる場合がございます。ご了承ください。
また、記載内容において何かお気づきの場合は、お手数ですがメールにてお知らせください。
(メールには店名の記入をお願いします)

2021/04/26 サイトチェック
■営業時間を訂正
【訂正前】
 11:00〜20:30(最終受付)
【訂正後】
 11:00〜21:00(最終受付20:30)
2021/02/20 サイトチェック
■営業時間を改正
【改定前】11:00〜21:00(最終受付)
【改定後】11:00〜20:30(最終受付)
2018/03/29 再調査
■再入浴区分を記述
■フォト追加
■温泉詳細を訂正
<泉質>
【変更前】含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物・炭酸水素塩・硫酸塩泉
【変更後】含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物・炭酸水素塩温泉
<源泉温度>
 49.5→50.6
<pH値>
 6.4→6.3
<成分総計>
 2.501→2.634
2017/12/01 サイトチェック
■入浴料を改正
 大人800円 →900円
2016/01/09 情報提供:Y・Zさま
■感想に開業日を追記
2015/12/28 サイトチェック
■感想を追記
2015/05/15 サイトチェック
■レンタル品を記述
2015/03/03 サイトチェック
■入浴料金を訂正
2013/12/23 サイトチェック
■入浴料金を訂正
2009/06/11 新規調査
■店舗ページを作成
更新情報
更新情報のご案内

店舗ページを更新した内容・詳細を記録しています。
「更新情報」では、ページの更新状況および過去の情報を確認することができます。


shin

1983年に開業した「ホテルレイトンニセコ」は、運営会社が倒産。
その後、経営は(株)アンビックスとなり、建物を改装後に「ホテル甘露の森」として2003年7月にオープンしています。

建物外観は美的な印象を受けましたが、館内もその期待を裏切りません。
ガラス張りが多く、外の景色がよく見えるのも良いです。

男湯側は、浴場としては少し小さめで浴槽の種類も少ないですが、内浴場にガラスを多く採用していることから、中にいても外の自然を感じとることができます。

露天風呂は丸型で2人ぐらい入れる程度の小さな浴槽ですが、自然を十分に満喫できる造りになっているので、人の少ない時間帯に入浴すると良いでしょう。
洗い場の椅子や桶が木製なのは、趣きがあって良いですね。

館内全般おしゃれな造りになっているのですが、浴場がやや簡素に感じたのが少し残念です。


<2015/12/28追記>
2015/12/26(土)、男性浴場の露天風呂がリニューアルしました。

浴槽は、甘露カラー(黒と赤)を基調とし、以前の丸型から長方形タイプへ一新。
以前は、「埋め込み型」だった浴槽を「据え置き型」へ変更したことで、入浴時の眺めが格段にアップしました。



miyu

内風呂はホテルにしては小さめで、宿泊客と一緒になると入りづらいかもしれません。

ここの売りの天空露天風呂は、ガラスの塀があるので景色はよく見えますが 2階なのでそれほど見晴らしがいいわけでもなく、逆にガラスが邪魔して自然の風や匂いが感じられずちょっと残念でした。

平日に行ったせいか休憩する所が閉ざされていたので、お風呂から出たあと休めないのが不便でした。

ただ、食事のセットプランがあり それを利用すると高級感ある素敵なラウンジでニセコの美味しい食材を堪能できます。
私達も利用しましたが、かなりオススメです。



過去のコメント
過去のコメントのご案内

新規調査時に記載したコメントです。(一部、追記含む)
記載内容は、現在の状況と異なる場合がございます。ご了承ください。
「過去のコメント」では、過去の情報を知ることができます。






湯めぐり札幌「店舗ページ」

店舗ページ (Ver.5)

<トップページ>
日帰り温泉|湯めぐり札幌DX
https://yumeguri.net



PR

  【PR】

  お風呂グッズの湯楽堂




 このページの先頭へ

copyright©  湯めぐりねっと all rights reserved.