本文へスキップ

苫小牧アルテン ゆのみの湯

オートリゾート 苫小牧アルテン ゆのみの湯

苫小牧アルテン ゆのみの湯

お店の情報
温泉らしい茶系の「にごり湯」

オートキャンプ場やゴルフ場、テニスコートなどの屋外施設が充実している「オートリゾート苫小牧アルテン」。
その中に位置する公営の日帰り温泉施設です。

浴場はそれほど大きくないのですが、規模のわりにはお風呂の種類が多いです。
浴槽種類は左右の浴場で少し違いがあり、浴場は男女日替わりとなっています。

お湯は茶系の「にごり湯」なので、温泉ならではの入浴気分が味わえます。
泉質は塩分濃度の高い「強食塩泉」(塩分濃度は海水に匹敵するほど)です。
浴後もポカポカと体が温かく、湯冷めしにくい温泉です。
露天風呂は「源泉掛け流し」となっているので、温泉好きの方は眺めの良い露天で温泉を満喫しましょう。

温泉施設内には食事処や休憩場所など、やや広めのスペースが用意されているので、浴後のくつろぎも楽しめます。

【おすすめポイント】
 温泉☆☆☆ くつろぎ☆☆ いやし☆☆



営業時間
10:00〜22:00
定休日
第3水曜日(祝日の場合は変更)




料金
全日 土日祝
大人 600円
小人 300円
幼児 無料
【特記事項】
 特になし
アメニティ
シャンプー ボディソープ ドライヤー(無料)
設備
サウナ 休憩所 食事
再入浴
館内から出なければ、何度でも入浴できます。




お風呂の種類
主浴槽
温泉
バイブラバス
打たせ湯 ハーブ湯
*東側浴場
寝湯(ジェット付)
*西側浴場
水風呂
露天風呂
源泉かけ流し
浴場詳細
洗い場数
(10以下・10以上)
→10以上
シャワータイプ
(自動停止・開放)
→自動停止
露天風呂の景色
(A・B・C評価)
→B



温泉のデータ
(温泉分析書参照)
泉質
→ナトリウムー塩化物強塩泉
 (中性高張性高温泉)
源泉温度
→53.3℃
湧出量(毎分)
→記載なし
pH値
→6.68
成分総計
→35.52g/kg
加水
→表記なし
加温
→なし
循環ろ過・塩素殺菌
→あり
飲泉
→なし
源泉かけ流し
→あり(露天風呂)
モール泉(腐植質)
→なし



フォト  *公式サイトより
「苫小牧アルテン ゆのみの湯」のバイブラバス
バイブラバス
「苫小牧アルテン ゆのみの湯」の露天風呂
露天風呂
「苫小牧アルテン ゆのみの湯」の休憩所
休憩所






アクセス
◇所在地
 苫小牧市樽前421-4

◇TEL 0144-61-4126

◇駐車場 約500台

◇車でのアクセス(一般道)
 札幌から 約1時間50分




お知らせ
  • 注意事項 
  • 更新情報 
  • 過去のコメント 
ご注意

<ご注意>
■入浴料金の記載は、「税込み」とさせていただきます。
■当ページは、調査日をもとに編集部独自の見解で記載しております。随時ページの更新を行なっておりますが、記載内容には誤りが含まれる場合がございます。ご了承ください。
また、記載内容において何かお気づきの場合は、お手数ですがメールにてお知らせください。
(メールには店名の記入をお願いします)

2014/04/03 新規調査
■店舗ページを作成
更新情報
更新情報のご案内

店舗ページを更新した内容・詳細を記録しています。
「更新情報」では、ページの更新状況および過去の情報を確認することができます。


shin

オートキャンプ場やゴルフ場、テニスコートなどの屋外施設が充実しているオートリゾート苫小牧アルテンに位置する公営の日帰り温泉施設です。

浴場規模は、小さめながら風呂の種類は比較的多めです。

浴槽スペースとは別に 洗い場は壁で仕切られており、視線を感じることなく洗いに徹することができるのが良いです^^;

こちらの”押し”は、やはり温泉の質。
茶系の濁り湯で温泉らしい温泉が楽しめます。
露天風呂は源泉掛け流しで、自然に囲まれた温泉施設ならではの山や林などの景色が堪能でき視覚的にも癒やされます。

温泉施設内には、休憩所や食事処といった広めのアフタースペースが確保されており、浴後のくつろぎも楽しめるのが良いです。

夏場は屋外施設を楽しんで、その後にゆっくり温泉に入るというのも良さそうですね(^^)



miyu

浴場はそれほど大きなわけではないですが、ガラス張りの壁の向こう側に大きな庭が広がっていて とても開放感があります。

温泉の泉質は強塩泉なので、顔にかかるとちょっとヒリヒリしました。
お湯の色がとても濃くて浴槽の底がまったく見えないくらいです。

露天は岩風呂でそれなりに広いのですが、露天の敷地がとても広い割に岩風呂一つしかなく、あとの半分以上は庭になっているのがもったいない気がしました。

内風呂には「うたせ湯」と「寝湯」があるのですが、寝湯はジェットがものすごい勢いで出ているので、横になってしまうと溺れそうになり、みんな座って入浴していました(笑)
休憩所は椅子のコーナーと座敷のコーナがあり、かなり広いです。
食事のメニューも豊富で、苫小牧名物の「ホッキカレー」もありました。
再入浴もできるので、のんびり過ごせそうでした。

周りにオートキャンプ場やバーベキューをする施設、パークゴルフ場などがあるので、レジャーのついでに入浴するのもいいですね。



過去のコメント
過去のコメントのご案内

新規調査時に記載したコメントです。(一部、追記含む)
記載内容は、現在の状況と異なる場合がございます。ご了承ください。
「過去のコメント」では、過去の情報を知ることができます。






湯めぐり札幌「店舗ページ」

店舗ページ (Ver.5)

<トップページ>
日帰り温泉|湯めぐり札幌DX
https://yumeguri.net



PR

  【PR】

  お風呂グッズの湯楽堂




 このページの先頭へ

copyright©  湯めぐりねっと all rights reserved.