本文へスキップ

余市川温泉

宇宙の湯 余市川温泉

余市川温泉

お店の情報
露天風呂のある温泉銭湯

国道229号線、余市町入船町にある温泉銭湯です。

「宇宙の湯」という少し変わった施設名で、建物の屋上にはスペースシャトルの模型が飾られています。
なぜ、宇宙の湯なのか・・。
前身となる銭湯(喜久乃湯)が、宇宙飛行士「毛利 衛さん」のお父さんが営んでいた(実家であった)ことが名の由来とされています。

建物は2階建てとなっており、1階は浴場、2階は食事もできる休憩場所となっています。

浴場は、昔ながらの典型的な銭湯の造りです。
一般的な銭湯と少し違うのは「露天風呂」があるということ。
周辺は住宅地なので露天全面に囲いがあり、外は一切眺めることができませんが、天井から日の光が差し込めば、やはり入浴していても気持ちが良いです。

成分豊富で質の良い温泉は、かけ流しの湯。
1つの浴槽だけではなく、ほぼすべての浴槽で温泉が楽しめるのは嬉しいです。

【おすすめポイント】
 温泉☆☆ くつろぎ☆☆ いやし☆



営業時間
9:30〜22:00
(水曜日のみ 13:00〜21:00)
定休日
年中無休




料金
全日 土日祝
大人 440円
中人 140円
小人 70円
【特記事項】
■販売品 フェイスタオル250円
■レンタル品 バスタオル100円
アメニティ
シャンプー ボディソープ ドライヤー(無料)
設備
サウナ 休憩所 食事

*休憩所・食事処は2階
再入浴
館内から出なければ、何度でも入浴できます。




お風呂の種類
主浴槽 子供風呂
(バイブラ付)
超音波風呂
(寝湯タイプ/日替わり湯)
水風呂
ひのき露天風呂
浴場詳細
洗い場数
(10以下・10以上)
→10以上
シャワータイプ
(自動停止・開放)
→開放
露天風呂の景色
(A・B・C評価)
→C



温泉のデータ
(平成23年8月 温泉分析書参照)
泉質
→カルシウム・ナトリウム
  ・マグネシウム-塩化物温泉

 (中性低張性温泉)
源泉温度
→41.0℃
湧出量(毎分)
→記載なし
pH値
→7.3
成分総計
→1.302g/kg
加水
→なし
加温
→あり
循環ろ過・塩素殺菌
循環ろ過→なし
塩素殺菌→あり
飲泉
→なし
源泉かけ流し
→なし(放流式)
モール泉(腐植質)
→なし



フォト
「余市川温泉」の建物入口前
建物入口前
「余市川温泉」の館内
館内
「余市川温泉」の脱衣所
脱衣所

「余市川温泉」の洗い場
洗い場
「余市川温泉」の内風呂
内風呂
「余市川温泉」のひのき露天風呂
ひのき露天風呂

「余市川温泉」の小休憩スペース
小休憩スペース(浴場前)
「余市川温泉」の食事処兼休憩所
食事処兼休憩所




アクセス
◇所在地
 余市郡余市町入船町322番地

◇TEL 0135-22-4126

◇駐車場 あり

◇車でのアクセス(一般道)
 札幌から 約1時間40分




お知らせ
  • 注意事項 
  • 更新情報 
  • 過去のコメント 
ご注意

<ご注意>
■入浴料金の記載は、「税込み」とさせていただきます。
■当ページは、調査日をもとに編集部独自の見解で記載しております。随時ページの更新を行なっておりますが、記載内容には誤りが含まれる場合がございます。ご了承ください。
また、記載内容において何かお気づきの場合は、お手数ですがメールにてお知らせください。
(メールには店名の記入をお願いします)

2021/04/20 サイトチェック
■営業時間を追記
 水曜日のみ 13:00〜21:00
■定休日を訂正
 不定休→年中無休
■特記事項を記述
 販売品 フェイスタオル250円
 レンタル品 バスタオル100円
■アメニティを訂正
 ドライヤー 有料→無料
2017/06/30 新規調査
■店舗ページを作成
更新情報
更新情報のご案内

店舗ページを更新した内容・詳細を記録しています。
「更新情報」では、ページの更新状況および過去の情報を確認することができます。


shin

国道229号線沿い、余市川近くに建つ温泉銭湯です。

なぜ「宇宙の湯」のかというと・・、
前身となる銭湯(喜久乃湯)が、宇宙飛行士「毛利 衛さん」のお父さんが営んでいた(実家であった)ことが名の由来とされています。

元は銭湯「喜久乃湯」として開業。
1979年に温泉を掘り当て、「余市川温泉」となりました。

建物は2階建てで、浴場は1階、食事処を兼ねた休憩場所が2階にあります。
浴場は、昔ながらの銭湯の造りでとても懐かしい雰囲気があります。

温泉は「かけ流し」で、若干の加温・塩素殺菌があるものの、源泉にはかなり近いとされています。

周りが住宅地の為、露天風呂は天井から日が差す程度のものですが、内風呂と露天風呂の両方が楽しめるのは、銭湯としては上位の満足感が得られます。

建物が小規模なので、「1日中ゆっくり」というよりも、「立ち寄り湯」感覚で行くのがよいと思います。



miyu

外観は温泉施設っぽいですが、中に入るとほぼ銭湯です。

浴場も銭湯のような造りですが、驚いたのは浴槽が深いこと
何気なく入るとそこそこ背が高い私のヘソ下まで湯がありビックリしました。
隣にある「子供浴槽」の湯は、太ももぐらいで一般的な深さでした。

露天風呂もありますが、窓から陽の光と風が入るという程度で屋外にあるわけでも外を眺められるわけでもありません。
檜の浴槽なので、内風呂よりは温泉の雰囲気はありますが。

でも、内風呂も銭湯に行っていた頃を思い出して懐かしさを感じられて良かったです。

浴場を出てすぐの所にも、ソファーが置いてある休憩所がありますが、2階に行くと休憩もできる食事処があります。
地元の海鮮物を使ったものからポピュラーなもの、またおつまみまで幅広いメニューがあるので選ぶのに困りそうです。

アットホームな雰囲気で心が和む温泉施設でした。



過去のコメント
過去のコメントのご案内

新規調査時に記載したコメントです。(一部、追記含む)
記載内容は、現在の状況と異なる場合がございます。ご了承ください。
「過去のコメント」では、過去の情報を知ることができます。






湯めぐり札幌「店舗ページ」

店舗ページ (Ver.5)

<トップページ>
日帰り温泉|湯めぐり札幌DX
https://yumeguri.net



PR

  【PR】

  お風呂グッズの湯楽堂




 このページの先頭へ

copyright©  湯めぐりねっと all rights reserved.