小樽朝里川温泉の「宏楽園」が火事!!

の記事
 2014/12/04記述、2015/01/31追記、2015/12/26追記
 「宏楽園」が燃えた・・・
もどる
*当ページは過去の情報です。
 「宏楽園」は再建し、2016年4月9日(土)にリニューアルオープンしています\(^o^)/


○ 北海道小樽市の朝里川温泉「宏楽園」

札幌市から車で約40分、朝里川温泉郷の入口辺りに位置する温泉旅館。

1957年(昭和32年)に創業、同温泉街における旅館の中で最も古いとされている。
木造2階建て、客室は全部で38室。うち19室が「露天風呂付き客室」となっている。

趣きある造りにこだわり、床全般では畳敷きを採用、館内からは「庭園」が眺められるなど、和の雰囲気を存分に味わえる演出がされている。
また、樹齢100年以上という樹木に囲まれた「日本庭園」は、8千坪という広大な広さをもつ。

5月上旬辺りには約200本の桜が咲き乱れ、「小樽の観光名所」しても有名である。

温泉は平成24年4月時点での温泉分析によると、泉質:アルカリ性単純温泉、泉温:27.4℃、pH値:8.7、と記録されている。

○ 一体、なにがあったんだ?!

当サイト閲覧者から、驚きの情報が入りました。

なんと、小樽朝里川温泉「宏楽園」が火事で全焼したという。

は?(-_-;)
目を疑って、思わず読み返してしまいました。

これは一体どういうことなのか!
情報は少ないですが、調べて事態を整理してみました。


− 朝里川温泉「宏楽園」で火災 − (まとめ)

2014年12月4日(木)の午前7時半ごろ、温泉旅館「宏楽園(こうらくえん)」の男性従業員から「露天風呂付近から出火した」と119番通報があった。
消防車20台が消火活動、付近には住民が集まり一時騒然となった。

火が出た当時、建物内には宿泊客54人(ほとんどが台湾など外国からの個人客)と従業員9人がいたが、けが人はいなく全員無事に避難したという。

火元とみられるのは、本館の露天風呂近くにあるボイラー室付近。

火は通報を受けてから、約4時間後の午前11時半時点でも火の手は弱まらず、その後も懸命な消火活動が続いていた。
小樽市消防本部によると午後1時の時点で大きな火災は収まったとのこと。

しかし、
その後の情報では、「約11時間後の午後6時45分頃に鎮火した」と報じられている。

旅館内部の延べ約3960平方メートルのうち、2330平方メートルを焼き本館はほぼ全焼となった。

小樽署や小樽市消防本部が、12月5日(金)午前10時から実況見分を行ない、さらに詳しい出火原因を調べている。

(2014/12/04記述、2014/12/05追記、2014/12/07追記)


「え!?」 はっきり言って、目が点です(・_・;)

信じられない、
いや、信じたくないような情報です。


朝里川温泉「宏楽園」は、
「部屋の露天風呂が広くてくつろげる」、「広い庭園が素晴らしい」、「従業員の対応がとても良い」などと宿泊客はもちろん、日帰り利用者の方にも大変好評であった。

古き良き伝統を残す老舗温泉旅館として、今後も期待されるところでしたが・・・。

ケガをされた方がいなかったことが、不幸中の幸いです・・・。

火事を受けて、宏楽園は公式サイトにて謝罪しています。
当分の休業はもちろん、今後の再開のめどが立たないともコメントしている。
北海道の小樽朝里川温泉「宏楽苑」

北海道小樽市新光5丁目
朝里川温泉「宏楽園」


2015/01/31追記

小樽 朝里川温泉「宏楽園」の公式サイトにて、再建に向けた告知が掲載されています。

2015年は、「宿泊」及び「日帰り入浴」などの受付を全面停止。
再開は、2016年以降を予定している。

とのことです。


2015/12/26追記

北海道新聞12月24日(木)の朝刊に、朝里川温泉「宏楽園」 再開予定の記事がありました。
(情報提供: Y・Zさま)

宿泊予約は2016年1月9日(土)から受付け、
2016年4月9日(土)に営業を再開するようです。

◇日帰り入浴
  営業日: 土・日・祝日
  時間: 11:30〜14:30(最終受付14:00)
  料金: 大人800円 子供400円

2014年末の火災時には、”本館がほぼ全焼”と聞き正直「ダメなのか」とも思いました。
ですが、1年以上という大掛かりなリニューアル工事を経て、ようやく再開となります\(^o^)/

建物の約8割を造り替えたという客室は全部で35室。
うち、28室が露天風呂付きということです。

以前は、”全38室、うち19室が露天風呂付き”でしたので、リニューアル後は客室は減るが露天風呂付き客室が大幅に増えることになります。

繁忙期には、満室でなかなか予約することのできなかった露天風呂付き客室。
これで幾分かは解消されるでしょうか。

”長い休業”&”改装オープン!”
・・・。

当分は予約殺到かな・・^^;

約200本という桜が咲き乱れる小樽の名所「宏楽園」。
2016年の花見も 今から楽しみデスね(^^)


営業再開については公式サイトでも確認することができます。

  公式サイト→ 朝里川温泉「宏楽園」


記事、ご連絡はこちら

    湯めぐりねっと

お知らせ

みなさまからの温泉情報を募集中!

ささいな情報でも結構です。
掲示板やメールでご連絡いただけると嬉しいです。
 
(メールでのご連絡は、匿名扱いとさせていただきます)


ご注意

当サイトの見解における情報となるため、一部不適切な表現が含まれる場合がございます。
正確な情報をお知りになりたい方は、ご自身での確認をお願い致します。

また、何かお気づきの点がございましたら、お手数ですが連絡をお願い致します。


記事、ページメニュー
 記事
17/03/25 → 札幌市の「スーパー銭湯 太陽」が閉店
17/02/11 → ニセコの温泉「新見温泉」のご紹介
16/12/03 → 「洞爺温泉ホテル華美(はなび)」が
       2016年12月1日オープン!
16/11/05 → 洞爺湖温泉の「洞爺かわなみ」、2016年度は休業
16/10/23 → 洞爺湖の「トーヤ温泉ホテル」が改装工事中
16/10/08 → 奈井江町の「新ないえ温泉」が閉鎖
16/09/06 → ニセコの「新見温泉」が再開予定
16/08/12 → 定山渓温泉「渓流荘」が、平成30年秋に営業終了
16/07/23 → 夕張市「ユーパロの湯」、2016年7月30日に再開!
16/07/05 → 「極楽湯、札幌美しが丘店」が閉店
16/04/19 → 定山渓温泉の
  「かっぱ家族の願掛け手湯」が休止
16/04/08 → 夕張市「夕鹿の湯」が再開へ
16/03/29 → ニセコの「新見温泉」が存続か?!
16/02/07 → 洞爺湖の「トーヤ温泉ホテル」が再開予定
16/01/15 → 札幌市の「東苗穂温泉 千の湯」が閉店
15/12/15 → ニセコの温泉「雪秩父」のご紹介(感想)
15/11/14 → 北海道夕張市「夕鹿の湯」が閉館
15/10/27 → ニセコの「新見温泉」が閉館(廃業)
15/08/31 → 「ニセコ 雪秩父」、9月19日 リニューアルオープン!
15/06/02 → 「ニセコ、国民宿舎雪秩父」の建て替え工事
  (2015年5月)
15/05/30 → 薄別温泉「佳松御苑 吉兆」、再開の兆し?
15/02/11 → 北湯沢温泉「名水亭」、
  新ホテル名は「緑の風リゾートきたゆざわ」
15/01/27 → 洞爺サンパレス、どう変わった?(2015年1月
15/01/03 → 定山渓の温泉ホテル「山渓苑」が再開!
14/12/04 → 小樽朝里川温泉の「宏楽園」が火事!!
14/11/13 → 石狩「番屋の湯」が、2014年11月26日に再開!
14/09/09 → 然別峡「新かんの温泉」のご紹介(感想)
14/08/25 → 定山渓温泉「白樺の湯」、ついに建物解体!?
14/08/07 → 北海道の「かんの温泉」が復活!
      2014年8月19日(火)再開
14/08/04 → 「北海道の銭湯料金が値上げ」、2014年8月
14/07/26 → 支笏湖の「いとう温泉」は、どうなった
14/07/18 → 「ニセコ、国民宿舎雪秩父の今」2014年7月
14/07/12 → 北海道ニセコの「薬師温泉」が閉館していた
14/07/04 → 「天然温泉 岩見沢 ゆらら」が料金値下げ
14/05/23 → 「キロロ温泉 森林の湯」が長期休業
14/04/26 → 「定山渓観光ホテル 山渓苑」が閉館
14/04/24 → 支笏湖の「いとう温泉」がオープン延期?
14/04/14 → 2014年4月、料金改定した札幌・近郊の温浴施設
14/03/20 → 2014年4月に料金改定する札幌・近郊の温浴施設
14/03/04 → 「びらとり温泉」がリニューアルオープン
14/02/27 → 「定山渓グランドホテル別館 福寿苑」が閉館
14/02/25 → セキボウ音泉館が閉店







日帰り温泉|湯めぐり札幌DX > 小樽朝里川温泉の「宏楽園」が火事!!