湯めぐり札幌
しかりべつきょう
もどる
施設名 然別峡 かんの温泉
住所 河東郡鹿追町字然別国有林145林班
TEL 050−5319−4068
駐車場 あり
アクセス  札幌から約4時間30分(一般道)
バス 
 ・ バリアフリー  なし
かんの温泉
営業時間  12:00〜20:00 (最終受付は1時間前)
  *冬期間(11月〜)は18:00まで
温まる 美肌 いやす 治療
定休日 火曜日
評価マーク
入浴料
大人  650円
中学生  300円
小学生  200円
幼児  無料
回数券  −

アメニティ
シャンプー  ○ タオル  ×
リンス  ○ バスタオル  ×
ボディソープ  ○ 館内着  ×
*シャンプー類は、各洗い場に全設置でない
温泉再入浴  可

温泉詳細 (H25.9 分析表より)
泉質 ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉  *源泉は数種類
源泉温度  約40〜60℃ 加水  なし
湧出量 毎分 約1〜20リットル 加温  なし
pH値  約5.5〜8.0 循環ろ過・塩素殺菌  なし
成分総計  約3〜5g/kg モールタイプ  ×
源泉掛け流し  ○ 飲泉  ×

風呂の種類 *浴場は男女日替わり  *成分情報は、「H25.9 温泉分析表」を参考
浴場:ウヌカル 浴場:イナンクル
ウヌカルアンナーの湯(また会おうね)
泉温 45.9℃
湧出 5L
pH 5.8
成分総計 3.613g/kg
イナンクルアンナーの湯(幸せになろうね)
泉温 48.5℃
湧出 5L
pH 6.8
成分総計 3.815g/kg
ウヌカルアンノーの湯(また会おうぜ)
泉温 56.4℃
湧出 記載なし
pH 7.8
成分総計 3.601g/kg
イナンクルアンノーの湯(幸せになろうぜ)
泉温 52.3℃
湧出 13L
pH 7.2
成分総計 4.759g/kg
波切の湯
泉温 49.6℃
湧出 16L
pH 6.7
成分総計 3.949g/kg
春鹿呼(しゅんろくこ)の湯 *露天風呂
泉温 44.9℃
湧出 4L
pH 7.2
成分総計 3.491g/kg
シロカニペの湯(銀の雫)
泉温 41.5℃
湧出 1L
pH 7.0
成分総計 3.686g/kg
秋鹿呼(しゅうろくめい)の湯 *露天風呂
泉温 52.3℃
湧出 13L
pH 7.2
成分総計 4.759g/kg
コンカニペの湯(金の雫) *打たせ湯(イスなし)
泉温 48.0℃
湧出 2L
pH 6.5
成分総計 4.567g/kg

*泉質は全て、ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉

その他の施設
 ・ 岩盤浴  ×   プール  ×
  サウナ  ×   おみやげ処  ×
  あかすり  ×   ゲームコーナー  ×
 ・ 無料休憩室  ○   キッズスペース  ×
  仮眠スペース  ×   パソコン  ×
  食事処  △(宿泊棟レストラン、昼時のみ) お風呂で健康家族 健康家族!
  宿泊施設  ○
  ボディマッサージ  ×
  髪切処  ×

浴場・脱衣所詳細
脱衣所ロッカー  × 貴重品ロッカー  ○
シャワータイプ(開放式・時間式)  開放式 洗い場数(10以下・10以上)  10以下
露天風呂の景色(A・B・C)  C 浴場BGM  ×
ドライヤー(無料・有料)  無料 綿棒  ○
ティッシュ  ○ 化粧水(女湯)  ○

評価 shin オススメ度3
温泉地を利用した陸軍の保養施設として、1945年5月に開業。

然別峡温泉として、「国民保養温泉地」にも指定されています。

2008年12月に、経営者が体調不良で休業。(その後破産手続)

2012年に新しい経営者のもと、再開へ向けた工事が開始。

解体や温泉棟の設計変更などを理由に工事は長期化となりましたが、2014年8月に念願の温泉施設再開となりました。

大幅な改装工事となりましたが、建物一部では以前の面影を残す形がとられており、旧温泉施設を利用された方はより一層楽しめる造りとなっています。

浴場は「七福神」にちなんだ名から、北海道らしい「アイヌ語」へ変更。

それぞれの浴槽が、特徴のある名と共に、異なる源泉で温泉が楽しめます。

浴場は「ウヌカル」「イナンクル」で造りがかなり違います。

「ウヌカル」には、浴槽が5つあります。(打たせ湯含む)
「イナンクル」は、浴槽が4つと少ないですが、露天風呂があります。

「かんの温泉リニューアル」としては、設備が充実して利便性が良くなり、幅広い年齢層で楽しめる温泉施設になったといえるでしょう。

ただ、施設は一般的にみて小規模なので、「日帰りでゆっくりする」というのは難しいかもしれません。


評価 miyu オススメ度4
山奥にぽつんと一軒だけ建っていて、いかにも秘湯という感じでした。

ただ、建物は一度ほとんど取り壊して作り直したのでとても綺麗です。

浴室も以前からある浴槽を除いてはすべて新しく作ったのでとても綺麗でした。

新しく作ったといっても、以前の浴槽を活かすような趣がある造りになっていて、落ち着ける雰囲気でした。

ただ全体的にこじんまりとしているので、男女ともに10人も入られるとかなり窮屈かもしれません。

休憩所も広くはないので、あまりのんびりと長居はできないです。

私たちはオープン時間すぐに入ったのですが、それでも2組のご夫婦が一緒でした。

出る時には、続々と入浴客が来ていました。

有名な温泉が再開したということで、しばらくは混んでいそうです。

宿泊棟が完成し、そこの「レストラン」が利用できるようになれば、もう少しのんびりできるようになるでしょう。



花

map

花
河東郡鹿追町北瓜幕

花

photo

花
「かんの温泉」の外観
温泉施設の外観
「かんの温泉」の日帰り用入口
日帰り入浴の入口


花

photo2

花
「かんの温泉」の館内
館内
「かんの温泉」の浴場入口付近
浴場入口付近
「かんの温泉」の休憩所
休憩所


花

photo3

花
「かんの温泉」の案内図
案内図→ズーム
「かんの温泉」の脱衣所、化粧台
イナンクル脱衣所(化粧台)
「かんの温泉」のイナンクル浴場
イナンクル浴場


花

photo4

花
「かんの温泉」のイナンクル浴場、内湯1
イナンクルアンナーの湯
「かんの温泉」のイナンクル浴場、内湯2
イナンクルアンノーの湯
「かんの温泉」のイナンクル浴場、露天風呂
(イナンクル浴場 露天風呂)
左:秋鹿呼の湯 右:春鹿呼の湯


花

photo5

花
「かんの温泉」のウヌカル浴場
ウヌカル浴場
「かんの温泉」のウヌカル浴場、内湯1
ウヌカルアンナーの湯
「かんの温泉」のウヌカル浴場、内湯2
ウヌカルアンノーの湯


花

photo6

花
「かんの温泉」のウヌカル浴場、内湯3
(ウヌカル浴場)
波切の湯
「かんの温泉」のウヌカル浴場、内湯4
(ウヌカル浴場)
シロカニペの湯
「かんの温泉」のウヌカル浴場、内湯(打たせ湯)
(ウヌカル浴場 打たせ湯)
コンカニペの湯

店舗ページにおける注意
ご注意         
当ページは調査日をもとに独自の見解で掲載おり、情報内容に誤りがある場合がございます。
確実な情報をお知りになりたい方は、ご自身で直接 店へ問い合わせすることをおすすめします。

また、情報内容に変更や誤りがある場合は、お手数ですが
→ メール にてご連絡ください。
(メールには、店名の記入をお願いします)

 ・ 更新情報
2017/07/22 再調査 変更なし
2017/07/16 フェイスブック
チェック
定休日を訂正
 (不定休 →火曜日)
2017/07/03 サイトチェック TEL訂正(新番号へ変更)
2017/06/12 サイトチェック 営業開始時間を改正
 改正前 10:00〜
 改正後 12:00〜
2016/01/15 情報提供:
 Y・Zさま
感想内の開業日を訂正
2015/10/26 サイトチェック 営業時間に最終受付を追記
2015/05/10 サイトチェック 営業時間を訂正
2015/04/27 サイトチェック 定休日を訂正
住所を訂正
2014/11/11 フェイスブック
チェック
食事処、宿泊施設を訂正
2014/09/09 記事 然別峡「新かんの温泉」の
ご紹介(感想)
2014/09/03 新規調査 店舗ページを作成
2014/08/07 記事 北海道の「かんの温泉」が復活!
2014年8月19日(火)再開
店舗ページ、お知らせ
*2014年4月の消費税改定に伴い、入浴料金の記載は「税込み」とさせていただきます。
 また、店舗情報の変更は随時行なっておりますが、一部実際とは異なる場合がございます。


日帰り温泉|湯めぐり札幌DX   店舗ページ (Ver.4) → サイトトップへ
湯のちからをかり、とわの健康を願う

ピックアップ情報