本文へスキップ

「天然温泉 岩見沢ゆらら」が料金値下げ

増税後、驚きの値下げ

2014/07/04記述、2014/11/24追記

天然温泉 岩見沢ゆらら


天然温泉 岩見沢ゆらら
岩見沢市上幌向南1条1丁目1196-2

札幌から、一般道を車で約1時間。
「国道12号線沿い」に位置します。

旧健康センター跡地に、2011年12月1日オープンした「24時間営業」の温泉施設です。


7月1日(火)より、利用料金を改定


消費税率の変更やエネルギーコストの上昇に伴い、2014年4月から利用料金を改定した温浴施設が多いのは、みなさんもご存知かと思います。

もちろん、利用料金の値上げですね^^;
某日帰り温泉施設Yも、6月より系列店で一斉に利用料金の値上げとなりました。

そのような中でも頑張って(?)料金を据え置きにした、温浴施設もあります。
「え!?値上げしないの?」という感じで、良心的な印象を獲得しましたね^^;

北海道の銭湯では、料金統制に縛られ、「値上げしたくてもできない」という大変苦境な状況にあります。
北海道の統制する銭湯料金は、現在見直しを行なっているようです。(近いうちに値上げとなるのでしょうか・・)

さて本題ですが、
増税後というのに「温浴施設が値下げする」という、驚きの情報です。

いかなる理由かわかりかねますが、かなりインパクトがあります^^;

理由として、私が考えたのは2つ
@ここにきて、経営上のちょっと嫌な予感・・
もしくは、
A新規オープンから約2年半、減価償却費に若干余裕ができたか・・?

・・・なんて、勝手な想像をしたりしています^^;

とにかく、これからの「夏休み商戦」に大きな武器となるのは間違いなさそうです(^^)

で、どのように変わったのかをここに記述しておきたいと思います。

と言っても、実は最近こちらの施設には訪れておりません^^;
ということで、前回訪れたデータを基に比較してみようと思ったのですが、情報が古くて「比較するには不向き」と感じたので、インターネットで公式サイトの「過去ページ」を参照することにいたしました。

「2014年5月末」と「2014年7月」の公式サイトを比較し、利用料金の異なる項目を以下に記述いたします。


7月1日(火)より 利用料金を変更
(いずれも税込み)

■入館料
大人(中学生以上)780円→700円
子供(小学生以下)390円→350円
*タオル・バスタオル・館内着付き

■夜割(平日17時以降)
大人(中学生以上)600円
子供(小学生以下)300円
*タオル・バスタオル・館内着なし
サービス中止

■特割入館料(新サービス)
「タオル・バスタオル・館内着なし」の料金です
大人(中学生以上)500円
子供(小学生以下)250円

■早朝風呂(5:00〜8:00)
大人(中学生以上)500円→450円
子供(小学生以下)250円→230円
*タオル・バスタオル・館内着なし

■深夜割増料1600円
→変更なし

■再入館料(朝8時以降の引続き利用)
大人(中学生以上)600円→500円
子供(小学生以下)300円→250円


ちなみに・・、
6月25日(水)より、岩盤浴の利用料金も変更になっています。

■岩盤浴
・90分300円→無料
・予約制→予約不要
・専用バスタオルと着替用館内着付き→有料化
*大判タオル200円 / 大判タオル・館内着セット280円



いかがでしょうか。

利用料金の値下げは、どのような訳があってのことかわかりませんが、私達消費者にはそんなことお構い無しです^^;
単純な話、「安いなら尚利用する」ということになります^^;

ただ気をつけなくてはいけないのが、「値下げするが、実は他の部分に値上げがある」というブラックなパターン。
公式サイトを確認する限りでは、入館料やその他施設の利用料など、現時点での「値上げ」は確認できません。
今後の行方はわかりかねますが、とりあえず今回の値下げは喜んで良さそうです(^^)

燃料費が高騰する中で、なかなか車での遠出も金銭的に難しかったりするのですが^^;値下げをしたのなら、ちょっと行きやすくなったのかな・・と^^;

もちろん「入館料の値下げ」も驚きましたが、個人的には「岩盤浴の無料化」が客寄せに大きな影響があるように感じます。
有料だと、利用するのにどうしても二の足を踏んでしまうような気がして・・。
岩盤浴目当ての方なら、有料でも関係なく利用するでしょう。
逆に有料のほうが混まなくて良いかもしれませんね^^;
ですが、「岩盤浴が無料なら行ってみよう」 と考える方も案外多いのでは?と感じます。

とにかく、丸一日ゆっくりと楽しめる温泉施設としてサービスが向上したので、日帰り温泉をご計画の際はぜひ「天然温泉 岩見沢ゆらら」もお考えください(^^)ね。

当サイト店舗ページ↓
天然温泉 岩見沢ゆらら



2014/11/24追記

営業時間変更のお知らせ


2014年11月21日、公式サイトにて下記の告知が出ました。

「営業時間変更のお知らせ」

内容は・・、
「エネルギーコストの上昇に伴い、現行での運営が難しくなり営業内容を改定する」というもの。
2014年11月20日〜2015年4月までの期間は「24時間営業」を休止し、5:00〜深夜0:00(最終受付23:30)の営業となる。

2014年7月に増税後の値下げということで驚いていましたが、上記の内容からみると 7月の値下げは競合店との価格調整と判断するのが妥当な線かもしれません。

この度の営業改定は値上げではありません。
料金は据え置きで、営業時間を改定するというものです。

「24時間営業」のお店は一時期増えた傾向がありましたが、過剰な営業コストを理由に最近では少なくなりました。
やっぱり24時間営業はダメなのか・・と思ったら、この度の変更は期間限定なのですね・・。
冬期間以外は客の流入が見込めるということなのでしょうか^^;それとも試験的なものなのか・・。
理由はともかく、普通の「日帰り入浴」であれば、なんら支障はありません。

改定後の営業時間でも、十分にゆっくり楽しめます(^^)

*情報は、当サイト編集部が確認できたものに限ります




湯めぐり札幌「温泉記事」

最新記事

最新記事

2020/09/19

洞爺湖温泉に新しい足湯が誕生!
2020/09/13

余市町の「鶴亀温泉」がリニューアルオープン!
2020/05/07

当別町の「ふくろふ乃湯」が閉館
2020/04/19

神恵内村の「リフレッシュプラザ 温泉998」が閉館
2020/03/23

余市町の「鶴亀温泉」が閉館
→ 記事一覧

◇ご注意
当サイト独自の見解で記載しているため、一部に不適切な表現が含まれる場合がございます。
確実な情報をお知りになりたい方は、ご自身での確認を宜しくお願い致します。
また、何かお気づきの点がございましたら、お手数ですが連絡をお願い致します。
(湯めぐりねっと編集部)

<トップページ>
日帰り温泉|湯めぐり札幌DX
https://yumeguri.net


 このページの先頭へ

copyright©  湯めぐりねっと all rights reserved.