本文へスキップ

支笏湖の「いとう温泉」は、どうなった

2014年7月の現状

2014/07/26記述、2015/04/11追記

いとう温泉の再開工事は進んでいるのか


「いとう温泉」2010年
(2010年撮影)
再開が期待される支笏湖「いとう温泉」の記事、第2弾です。

と、言っても残念ながらそれほど情報はありません^^;

この度、支笏湖温泉に向かう機会があったので、「工事が進んでいるかな・・」と思い休業中の「いとう温泉」へ行ってみました。(札幌から一般道を車で約1時間です)


■以前に書いた記事の簡単な「おさらい」

支笏湖のビジターセンターでいただいたパンフレットには「平成27年春に改修オープンの予定」となっていました。

5月にいただいた情報では、建物はすでに解体済みで、基礎を残して何もない状態ということでした。

詳しくはこちら↓

支笏湖の「いとう温泉」がオープン延期?



で、7月になりましたよね。

というか早いもので、もうすぐ8月です。
ちょっと気が早いかもしれませんが、もう3、4ヶ月したら「降雪」となるわけです。

さすがに工事が始まっているだろうと、工事車両が出入りする光景を想像して行ったわけですが・・。

「ん?」

「4月と何も変わっていない・・」

道路の入口には鎖がかけてあり、車両通行止めのようになっている。
看板には依然として「準備中」の文字が。

これはどういうことだろう。
車を置いて、徒歩で降りてみることに・・。

ここからは2014年7月撮影
「いとう温泉」入口看板
「いとう温泉」入口
「いとう温泉」への道のり

道には草が生い茂っていて、もちろん人の気配もなく不気味な雰囲気・・。

”歩き” で行くと、案外距離があります。

「いとう温泉」への道のり2
「いとう温泉」跡地

支笏湖が見えてきました。
「うわ〜きれい〜!」
ではなくて、(-_-;)

さあ、「いとう温泉」はどうなっているのか。

「いとう温泉」跡地2
「いとう温泉」跡地3
「いとう温泉」跡地、基礎部分

5月にいただいた情報通り、建物は全て取り壊されていました。
桟橋(?)みたいなものも撤去されていました。

話には聞いていましたが、実際にみるとなんだか切ないです。
もうあの建物を見ることができないのですね・・。

しかも、建物が立っていた頃は、もっと広く感じましたが、取り壊した後をみると、なんだか小じんまりとしていて・・。
「案外、小さかったのだな」と、寂しい気持ちで眺めていました。

すっかり以前の面影はありませんが、基礎は残っています。

基礎の部分に上がってみると、2ヶ所に四角い穴が空いており、水が溜まっています。

「いとう温泉」浴槽跡
「いとう温泉」浴槽跡2
「いとう温泉」浴槽跡3

これは・・。
おそらく、以前の内風呂にあたるのではないでしょうか。

5月にいただいた情報では、「基礎には小さな扉があって、その下からは湯気が出ていた」とのことでしたが、現在は小さな扉は無く、四角い穴が空いており、そこからは湯気も出ていませんでした。
手を入れてみましたが、水でした(-_-;)

このように浴槽の跡を見ると、本当に小さかったのだな・・と感じます。
壁一枚で仕切られていて、そこに小さな浴場が2つあった、ということなのでしょう。

以前の記憶と照らし合わせながら、しばらくは基礎の上を眺めていました。

しばらく基礎の辺りを歩いていると、配電盤のようなものを発見。

「いとう温泉」跡地、配電盤
「いとう温泉」跡地、配電盤拡大

ポンプA、ポンプB、とか書いています。
メモ書きのような「2012」という数字も確認できました。
2012年に整備したということでしょうか・・。

配電盤(?)の囲いが壊れていますね。
これでは雨にさらされている状態です。

もう完全に機能していないなら、雨にぬれても構わないのでしょうが・・。

それにしても・・
ここに、「いとう温泉」があったのかと、疑いたくなるほど本当に何も無くなってしまいましたね(-_-;)


建物跡を後にして、露天風呂のあった方へ行ってみることにします。
露天風呂は見る前から無残な光景が予想できて、なんだか見るのが怖いです。

・・・。
遠くから見るに「何もない」という感じです。

「あれ?」
「何もないのか?」

「いとう温泉」露天風呂への道のり
「いとう温泉」露天風呂跡
「いとう温泉」露天風呂跡2

いや、
よく見ると水の溜まった池のようなものが2つあります。

はい、これはすぐわかります。
間違いなく、露天風呂です。

これを見た時は、ちょっと嬉しかったです(^^)
以前の楽しい思い出が蘇る・・。

「いとう温泉」露天風呂跡4
「いとう温泉」露天風呂跡5
「いとう温泉」露天風呂跡6

「いとう温泉」露天風呂跡7
「いとう温泉」露天風呂跡8
「いとう温泉」露天風呂跡9

しかし、残念ながら今はただの「池」です。
中に手を入れてみましたが、やはり「水」です。

基礎部分にあった穴といい、ここの池といい、
落ち葉や藻、虫、よく分からない異物などが水に混入しています。

「温泉」というものとはほど遠く、どちらも手を入れるのには不快を感じさせる程のものでした。
「本当に温泉だったのか」と錯覚してしまいます。
(-_-;)

また、今後も露天風呂として使えるのか、心配にもなってしまいました。


まあ、それにしても支笏湖がすぐ目の前なので、景色は抜群!
「また、この露天風呂に入れたらな・・」
つくづくそう感じながら、その場を後にしました。

「いとう温泉」建物跡地
「いとう温泉」建物跡地2

現段階で「いとう温泉」の再建については、支笏湖のビジターセンターでいただいたパンフレットによる「平成27年春に改修オープンの予定」という情報しかありません。

最初は2013年7月にオープン予定だったものが、2014年4月になって、さらに2015年春か?という状態なので、実際いつオープンなのかは見通しがつかない状態です。

個人的な見解としては、来年春オープン予定なのにこの状態では間に合わないのでは?とも感じます。
というか、正直言って失礼ながら
「話が流れていないか」心配になります・・。


「いとう温泉」は、再開を期待している人が とても多いです。
温泉ファンの間では、土地の所有者となっているグループホテルの事業から見て、高級旅館的な新たな造りの「新生いとう温泉なるか?」などと、ささやかれた時期もありました。

あの眺めの良い露天風呂を残していただき、「いとう温泉」の少しでも早い再建を心から願っております。



2015/04/11追記

平成27年春になりました。
いとう温泉はどうなったのでしょう。

支笏湖のビジターセンターへ問い合わせたところ、オープンへ向けた工事は行われていない模様です。
ということで、平成27年春のオープンはなく、またしても延期のようです(-_-;)

では、いつオープンなのか。

土地の所有者となっている「株式会社KANAYA RESORTS」のウェブサイト(取締役 総括本部長のコメント)に、金谷ホテル観光グループの今後について述べたものがありました。

平成27年7月、伊豆高原に10室(宿泊料3万円前後)
       の旅館をオープン
平成28年春、箱根に20室の施設をオープン予定
平成29年中、北海道の支笏湖への展開を予定


現在は、伊豆高原および箱根の計画が先行でしょうから、支笏湖のオープンについての詳しい内容は決定していないものと考えられます。
「平成29年にオープン予定」 ということですが、今後延期の可能性も十分にあります。

少なくとも、支笏湖いとう温泉のオープンは平成29年(2017年)以降となりそうです。



湯めぐり札幌「温泉記事」

最新記事

最新記事

2020/09/19

洞爺湖温泉に新しい足湯が誕生!
2020/09/13

余市町の「鶴亀温泉」がリニューアルオープン!
2020/05/07

当別町の「ふくろふ乃湯」が閉館
2020/04/19

神恵内村の「リフレッシュプラザ 温泉998」が閉館
2020/03/23

余市町の「鶴亀温泉」が閉館
→ 記事一覧

◇ご注意
当サイト独自の見解で記載しているため、一部に不適切な表現が含まれる場合がございます。
確実な情報をお知りになりたい方は、ご自身での確認を宜しくお願い致します。
また、何かお気づきの点がございましたら、お手数ですが連絡をお願い致します。
(湯めぐりねっと編集部)

<トップページ>
日帰り温泉|湯めぐり札幌DX
https://yumeguri.net


 このページの先頭へ

copyright©  湯めぐりねっと all rights reserved.