本文へスキップ

当別町の「ふくろふ乃湯」が2021年4月に再開

ふくろふ乃湯(ふくろうのゆ)が再開

2021/03/10記述、2021/03/13追記、2021/04/29追記、2021/05/21追記

ふくろふ乃湯


ふくろふ乃湯
北海道石狩郡当別町字金沢157番7
札幌から車で約50分 (一般道)

当別町字金沢地区、国道275号線から少し中道を入った場所に位置する日帰り温泉施設。

施設規模がかなり小さいが、建物は自然の中に建てられており、露天風呂や休憩所などで、周囲の森や沼などを間近に眺めることができる。
お湯は、源泉温度が低いため加温をしているが、「かけ流し」の良質な温泉が楽しめた。

2019年11月下旬の冬季休業から、そのまま無期限休業。
施設は、2020年5月に閉館しています。
当サイト記事↓
当別町の「ふくろふ乃湯」が閉館


廃業した「ふくろふ乃湯」が復活!


「ふくろふ乃湯」の内風呂
当サイト閲覧者より情報提供をいただきました。
(Y・Zさま、ありがとうございました)

なんと、昨年5月に閉館した「ふくろふ乃湯」が、今年再開するということです( ゚Д゚)
これにはかなり驚きました・・。
とても良い温泉施設でしたが、新型コロナウイルスの感染拡大もあって、正直言って もう施設の再開は無いものと思っておりましたので・・。

いただいた情報によると「開拓ふくろふ乃湯」は、新たな経営母体のもと営業を再開するとのことです。
施設を運営するのは、「北海道アグリ&リゾート株式会社」(本社:札幌市)で、施設名は「北海道ふくろう乃湯リゾート」と改称するようです。
プレオープンは、2021年4月下旬を予定。
フルオープンは、同年6月下旬を目指すとしています。

以前は温泉施設が所在するだけでしたが、既存施設に加えて今度は新たな施設の造成も計画されているようです。
新たに整備されると思われる施設は、「フリーテントサイト」、「オートキャンプサイト」、「足湯パーク」の3施設です。

また同運営会社は、この度の造成計画を「事業再生プロジェクト」と称し、温泉・キャンプ・飲食・農業という4つの事業案を公表しています。

以下は公表されている事業案の一部です。

〜事業案〜

●温泉(一般入湯者、キャンプ・農業体 験利用者)
営業時間外を事前予約制にして、 プライベート温泉としてキャンプ利用者とプライベート利用者に貸出を行う。

●食とキャンプ(敷地内キャンプスペース)
温泉も近くにあるところもあるが、 隣接している場所はなく、優位性があると考えられる。目玉料 理となる食と組み合わせて相乗効果を上げる。また、グランピングも視野に入れる。

●農業体験(敷地内・当別町内)
農業区画を10m×10mとし、家庭菜園のようにレンタルをし、農業体験を行う。収穫期には収穫体験が出来なくても100サイズ〜120サイズでのダンボールで自宅に発送する。作物の育成状況はブログやSNS、webカメラにて配信予定。




ということで、この度の「ふくろふ乃湯」再開の背景には、様々な事業や目的があるようです。
私の個人的な見解としては、「温泉施設の再開」というよりも「キャンプ場の新設」というほうが表現的に近いのかな・・と思います。
確かに「ふくろふ乃湯」は再開となるようですが、あくまでもキャンプ場の一施設という位置付けなのかもしれません。

温泉事業計画の中に「既存の露天風呂を足湯へ改修する」という記載がありました。
「既存の露天風呂は容量が多いので、お湯の加温コストが大きくなる」ということを理由に、既存の露天風呂は「池」として活用し、その周りに「足湯」を作る計画のようです。
現在、既存のふくろふ乃湯ファン向けに、イベント時のみ露天風呂を開放するか検討しているとのことです。

「ふくろふ乃湯」の露天風呂

以前の温泉施設とは少し異なる営業となるのかもしれませんが、何はともあれ「ふくろふ乃湯」が再開となるのは嬉しい限りです(*^-^*)


<2021/03/13追記>
当サイト閲覧者より新たな情報をいただきました。
(Y・Zさま、ありがとうございました)

「北海道ふくろう乃湯リゾート」では、三幸学園札幌スイーツ&カフェ専門学校などとスイーツのレシピを開発し、敷地内の建物にて販売する予定とのことです。
フリーテントサイトはテント40張、オートキャンプサイトはテント19張を整備。
以前あった温泉施設の露天風呂は、「足湯パーク」に改修する模様です。

運営会社「北海道アグリ&リゾート」に、温泉施設の営業内容について確認したところ、以下の通り回答がありました。

内風呂は残します。
浴槽が狭く一度に入浴できる人数が少ないので、混み合っている場合は足湯に入って順番を待って頂きます。
また、事前にインターネットで予約できるシステムを考えています。


入浴施設で「足湯に入っての順番待ち」というのは、新しい発想ですね(^^)
「インターネットでの予約」も便利そうです。
実際にオープンしてみないと分からないことも多いですが、とても楽しそうな施設になりそうですね(*^-^*)


<2021/04/29追記>
当サイト閲覧者より新たな情報をいただきました。
(Y・Zさま、ありがとうございました)

「北海道ふくろう乃湯リゾート」の温泉部門(足湯・五右衛門風呂など)の再開は2021年6月下旬を予定しているようです。

同施設は、4月28日(水)にプレオープンしており、既にオートキャンプ場(車両18台分)の営業が開始されています。
5月下旬には、フリーテントサイト(40張)の開業も予定しているとのことです。


<2021/05/21追記>
当サイト閲覧者より新たな情報をいただきました。
(Y・Zさま、ありがとうございました)

本年4月にプレオープンした「ふくろう乃湯リゾート」の写真(7枚)をいただきましたのでご紹介致します。

<新しい看板>
「ふくろう乃湯リゾート」の看板
きれいでオシャレな看板になりました。

<古い看板>
「ふくろふ乃湯」の古い看板
敷地の片隅に放置されていたそうです・・。

<施設入口付近>
「ふくろう乃湯リゾート」の入口付近
以前、敷地内を覆っていた雑木林は、伐採・整地されたようです。

<管理棟>
「ふくろう乃湯リゾート」の管理棟
新たに建てられたリゾート施設の「管理棟」です。

<オートキャンプサイト>
「ふくろう乃湯リゾート」のオートキャンプサイト
造成された広々としたサイトは現在土面となっていますが、今後に芝面へと整備されるそうです。

<リゾート内の沼>
「ふくろう乃湯リゾート」の沼
リゾート施設には、約半分を占める「大きな沼」があります。

<温泉施設>
「ふくろう乃湯リゾート」の温泉施設
右側にある建物が、現在休業中の温泉施設(ふくろう乃湯)です。


以上、7枚の写真をご紹介いたしました。

温泉施設のオープンは、当初は6月下旬を予定していましたが延期となったようです。
温泉施設(ふくろう乃湯)のオープンは、7月上旬以降になるそうです。
→7月17日(土)にオープン予定。



− ふくろう乃湯リゾート −
「ふくろふ乃湯」
<営業内容>*入浴施設は休業中
●所在地
  北海道石狩郡当別町字金沢157番7
●入場料(日帰り)
  大人400円、小学生300円
●入浴料(入場料が別途必要)
  大人500円、小学生100円
●入浴時間(一般入浴)
  12:00〜17:10
  *受付は11:50〜

当サイト店舗ページ↓
ふくろふ乃湯
*店舗ページは休業前の情報です


湯めぐり札幌「温泉記事」

最新記事

最新記事

2021/07/04

札幌市の「蔵ノ湯」が2021年7月に温泉再開!
2021/04/14

札幌市のスーパー銭湯「極楽湯」が全店閉店
2021/04/02

栗山町「ホテル パラダイスヒルズ」がリニューアル
2021/03/10

当別町の「ふくろふ乃湯」が2021年4月に再開
2021/02/03

岩見沢市の「北村温泉」がリニューアルオープン!
→ 記事一覧

◇ご注意
当サイト独自の見解で記載しているため、一部に不適切な表現が含まれる場合がございます。
確実な情報をお知りになりたい方は、ご自身での確認を宜しくお願い致します。
また、何かお気づきの点がございましたら、お手数ですが連絡をお願い致します。
(湯めぐりねっと編集部)


【PR】
ブラックシリカは何?


<トップページ>
日帰り温泉|湯めぐり札幌DX
https://yumeguri.net


 このページの先頭へ

copyright©  湯めぐりねっと all rights reserved.