本文へスキップ

新見温泉

蘭越町 新見温泉(にいみ おんせん)

新見温泉

お店の情報
*1912年開業
2017年7月1日より、再開日未定の休業です。
(施設老朽化に伴う改修工事のため)


⇒ 閉館しました。

歴史のある温泉旅館

蘭越町新見にある1912年開業の温泉旅館です。

2016年3月に、「新見本館」・「新見温泉ホテル」の両館ともに一時閉鎖となりましたが、その後に経営者が変わり、2017年1月にリニューアルオープンしています。
現在は、「新見本館のみ営業」となっています。

浴場は過去に第一浴場と第二浴場がありましたが、第一浴場は閉鎖し、現在は露天風呂のある「第二浴場のみの利用」となっています。
以前、混浴だった露天風呂には仕切りを設け、「男女別の露天風呂」へ改装しています。

お湯は、内風呂・露天風呂ともに「源泉掛け流し」です。(極度の高温時には湧水を加水しています)
温泉は良質で、短時間の入浴でもよく体が温まります。

浴場は広くないですが、露天風呂は自然を間近に感じることができて とても癒されます。

【おすすめポイント】
 温泉☆☆☆ くつろぎ☆ いやし☆☆☆



営業時間
10:00〜19:00(最終受付18:30)
定休日
月曜日(祝日の場合は翌日)




料金
全日 土日祝
大人 800円
小人 400円
【特記事項】
 特になし
アメニティ
シャンプー リンス ボディソープ ドライヤー(無料)
設備
休憩所 食事
再入浴
館内から出なければ、何度でも入浴できます。




お風呂の種類
内風呂
源泉かけ流し
露天風呂
源泉かけ流し
浴場詳細
洗い場数
(10以下・10以上)
→10以下
シャワータイプ
(自動停止・開放)
→開放
露天風呂の景色
(A・B・C評価)
→A



温泉のデータ
(平成28年11月 温泉分析書参照)
泉質
→カルシウム・ナトリウム−硫酸塩温泉
 (弱アルカリ性低張性高温泉)
源泉温度
→65.0℃
湧出量(毎分)
→記載なし
pH値
→7.7
成分総計
→1.454g/kg
加水
→なし
*高温時は湧水で加水
加温
→なし
循環ろ過・塩素殺菌
→なし
飲泉
→なし
源泉かけ流し
→あり
モール泉(腐植質)
→なし



フォト
「新見温泉」のフロント付近
フロント付近
「新見温泉」の廊下
廊下
「新見温泉」の脱衣所前
脱衣所前

「新見温泉」の脱衣所
脱衣所
「新見温泉」の浴場
浴場
「新見温泉」の露天の出入口
露天の出入口

「新見温泉」の露天風呂(男湯)
露天風呂(男湯)
「新見温泉」の露天風呂(女湯)
露天風呂(女湯)
「新見温泉」の休憩場所
休憩場所




アクセス
◇所在地
 磯谷郡蘭越町新見1

◇TEL 0136-55-6173

◇駐車場 約30台

◇車でのアクセス(一般道)
 札幌から 約2時間30分




お知らせ
  • 注意事項 
  • 更新情報 
  • 過去のコメント 
ご注意

<ご注意>
■入浴料金の記載は、「税込み」とさせていただきます。
■当ページは、調査日をもとに編集部独自の見解で記載しております。随時ページの更新を行なっておりますが、記載内容には誤りが含まれる場合がございます。ご了承ください。
また、記載内容において何かお気づきの場合は、お手数ですがメールにてお知らせください。
(メールには店名の記入をお願いします)

2018/07/27 <記事>
改修のため休業した「ニセコ新見温泉」、
その後は?
2017/02/11 <記事>
ニセコの温泉「新見温泉」のご紹介
2017/02/05 新規調査
■店舗ページを作成
2016/09/06 <記事>
ニセコの「新見温泉」が再開予定
2016/03/29 <記事>
ニセコの「新見温泉」が存続か?!
2015/10/27 <記事>
ニセコの「新見温泉」が閉館(廃業)
更新情報
更新情報のご案内

店舗ページを更新した内容・詳細を記録しています。
「更新情報」では、ページの更新状況および過去の情報を確認することができます。


shin

蘭越町新見にある1912年開業の温泉旅館です。

2016年3月に、「新見本館」・「新見温泉ホテル」の両館ともに一時閉鎖となりましたが、その後に経営者が変わり、2017年1月にリニューアルオープンしています。
現在は、新見本館のみ営業となっています。

浴場は過去に第一浴場と第二浴場がありましたが、第一浴場は閉鎖し、現在は露天風呂のある第二浴場のみの利用となっています。

以前に混浴だった露天風呂には仕切りを設け、男女別の露天風呂へ改装しています。

お湯は、内風呂・露天風呂ともに「源泉掛け流し」です。(極度の高温時には湧水を加水しています)
温泉は良質で、短時間の入浴でもよく体が温まります。

浴場は広くないですが、露天風呂は自然を間近に感じることができて、とても癒されます。

館内から出なければ何度でも入浴できるそうなので、休憩場所がもう少し充実していれば尚良いですね(^-^;



miyu

再開したといっても利用できるのは一部のみなので、浴場も男女共に内風呂と露天風呂が一つずつあるだけです。

洗い場も少なく、5人も入るともう窮屈な感じですね。

昔から「お湯は良い」と評判が良かっただけあって、入る前の脱衣所では裸になるのもためらうくらい寒かったのが、入浴後は服を着なくてもずっとポカポカしていました。

休憩所がなく、ロビーに並んでいる椅子しか座る場所も待つ場所もないので、のんびりはできないですね。

ただ、食堂があり、食事と温泉のセットもあるので、そこは嬉しいところでした。

冬はここの温泉宿で道が止まっているので、どこかへの通り道で寄るということはできません。
ですが、とても良いお湯ですし、風情があるお風呂なので温泉好きの方はわざわざ訪れるだけの価値はあるでしょう。



過去のコメント
過去のコメントのご案内

新規調査時に記載したコメントです。(一部、追記含む)
記載内容は、現在の状況と異なる場合がございます。ご了承ください。
「過去のコメント」では、過去の情報を知ることができます。






湯めぐり札幌「店舗ページ」

店舗ページ (Ver.5)

<トップページ>
日帰り温泉|湯めぐり札幌DX
https://yumeguri.net



PR

  【PR】

  お風呂グッズの湯楽堂




 このページの先頭へ

copyright©  湯めぐりねっと all rights reserved.