本文へスキップ

改修のため休業した「ニセコ新見温泉」、その後は?

2018年、現在の新見温泉

2018/07/27記述

新見温泉が閉館、そして再開


新見本館
当初、新見温泉ホテル・新見本館が両館ともに「利用者の減少」・「後継者が見つからない」などが理由で、2016年3月末で閉館するとされていました。

しかし、事態は一転。
「新見温泉」は、札幌の不動産賃貸業を営む企業へ売却され、2017年1月に営業を再開しています。

当時、関係者からいただいた情報は、以下の通りでした。
・2〜3年後に旅館の建て替えを検討している
・新見温泉ホテルと、新見本館のもう一つの浴場は廃止の方向
・現在客室は5室のみで営業、当面は客室を増やす予定はない


再開から半年、改修につき休業へ


「新見温泉」のFacebookにも記載されていますが、再開した「新見温泉」は2017年6月末日で営業を終了し、7月より改修工事のため休業しています。
Facebookの内容↓

〜新見温泉 休業のお知らせ〜
平素より新見温泉をご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。
突然ではございますが、当館は施設老朽化に伴う改修工事のため6月30日(金)をもちまして休業いたします。
本年1月の再開以降、皆様の温かいご支援をいただきましたことを厚く御礼申し上げます。
なお、今後の営業につきましては再開の目処が立ち次第、ホームページ等で随時ご報告致します。
また、本館の入浴回数券をお持ちの方につきましては残回数分の払い戻しをいたしますので、下記までお問い合わせください。
皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

新見温泉

ということで、休業から約1年経過した現在(2018年7月)、建物がどのように改修されたのかとても楽しみでした。

しかし・・、
当サイト閲覧者さまの情報提供により、思いもよらぬ事態が発覚するのです。

ま、まさか・・( ゚Д゚)


建物倒壊、そして放置


2018年の新見本館

2018年の新見温泉ホテル
(情報・画像提供 Y・Zさま)

建物の改修はおろか、それどころか「新見本館」の建物一部が大きく倒壊しております。
「そ、そんな・・」( ゚Д゚)

写真から見るに、改修工事は全くされておらず、手つかずの状態。
おそらく、雪が無いこの時季に着工していないということは、年内の改修着手はないものと・・。

これはまずい状態です・・(-_-;)
改修休業しているのに、改修していないパターン。
過去にも廃業した他施設で似たような記憶があります・・。

2018年7月現在の新見温泉は、「休業期間の長期化」または「廃業」も考えられる状態であるといえます。

再開を楽しみにしていただけに・・とても残念に思います(-_-;)
あの素晴らしい露天風呂に、また入浴できる日が来るのでしょうか。
新見温泉の再開を心から祈ります・・。





◇ 関連記事 ◇

→ ニセコの温泉「新見温泉」のご紹介

→ ニセコの「新見温泉」が再開予定

→ ニセコの「新見温泉」が存続か?!

→ ニセコの「新見温泉」が閉館(廃業)
湯めぐり札幌「温泉記事」

最新記事

最新記事

2018/07/27

札幌市の「里塚温泉 ゆとり」が2018年10月末をもって閉店
2018/07/27

改修のため休業した「ニセコ新見温泉」、その後は?
2018/04/07

「ニセコ ワイスホテル」が2018年3月17日をもって閉館
2018/04/02
滝川ふれあいの里
滝川市「滝川ふれあいの里」が指定管理者変更
2018/03/18
章月グランドホテル
定山渓温泉「章月グランドホテル」が事業譲渡
→ 記事一覧

◇ご注意
当サイト独自の見解で記載しているため、一部に不適切な表現が含まれる場合がございます。
確実な情報をお知りになりたい方は、ご自身での確認を宜しくお願い致します。
また、何かお気づきの点がございましたら、お手数ですが連絡をお願い致します。
(湯めぐりねっと編集部)

<PC版>
日帰り温泉|湯めぐり札幌DX
https://yumeguri.net


<スマホ版>
日帰り温泉|湯めぐり札幌DX
https://yumeguri.net/sp



 このページの先頭へ

copyright©  湯めぐりねっと all rights reserved.