本文へスキップ

ニセコの「新見温泉」が存続か?!

新見温泉の廃業に”待った”

2016/03/29記述、2016/09/06追記、
2017/02/07追記、2017/07/01追記

新見温泉の閉館


新見本館
新見本館
新見温泉ホテル
新見温泉ホテル
ニセコにある「新見温泉ホテル」・「新見本館」が2016年3月末に閉館する、という情報が出たのが昨年のこと。


詳しくはこちら↓
ニセコの「新見温泉」が閉館(廃業)


その後、新見温泉の閉館を惜しむ多くの温泉ファンが、全国から新見温泉へ訪れました。

その盛況ぶりは、”閉館日を延長する”という異例の事態がおきるほどだったようです。

訪れた方々には、「もったいない」・「なんとか残せないのか」などと”新見温泉の存続を願う声が多かった”とも聞いています。


新見温泉は存続するのか


「新見温泉ホテル」・「新見本館」が2016年3月末に閉館する、というのは変わりありません。

既に「新見温泉ホテル」の公式サイトが閉鎖されており、「新見本館」の公式サイトも今後閉鎖されると思われます。

ですが・・、
当サイト閲覧者より、驚く情報が入りました。
(Y・Zさま情報ありがとうございました)

それは、
「新見温泉」が存続する という情報です。

情報元は毎日新聞(2016年1月31日)です↓

「昨年12月、廃業のニュースがインターネット上で流れると、全国から買い取りの申し出が相次いだ。

中には10億円を出すという話もあったが、「投機目的で買われるより、温泉を生かしてくれるところに」(新見社長)と、 別の企業に約1億円での売却を決めた。

建物は取り壊される見通しだが、湯は引き継がれる。
これは・・
とっても嬉しい情報ですね\(^o^)/

10億円の話を蹴ってしまうところなんかは、新見社長の”温泉に対する揺るぎない想い”が伝わってきます。
また、私個人の見解としては”新見温泉を慕うみんなの声が届いたのだろう”とも感じております。

まだ現時点では、どの企業への売却だったのかが公表されておらず、どのような形で温泉が引き継がれるのかは不明です。

得られた情報はとても限られています。
ですが、”お湯は引き継がれる”ということで新見温泉は存続すると言ってよいでしょう。

ちょっと早いですが、今後どのようになるのか・・期待が膨らみます(^_^;)
「新見温泉が再開」、「新見温泉 復活へ」、などという記事が全国で流れるのを楽しみにしたいです。



2016/09/06追記
「新見温泉が再開予定」との情報がありました。
詳しくはこちら↓
→ ニセコの「新見温泉」が再開予定



2017/02/07追記
2017年1月7日(土)に再開した「新見温泉」へ行ってきました。
こちらをご覧ください↓
→ ニセコの温泉「新見温泉」のご紹介



2017/07/01追記
2017年7月1日(土)より、再開日未定長期休業です。
*施設老朽化に伴う改修工事が主な理由




当サイト店舗ページはこちら↓
→ 新見温泉


湯めぐり札幌「温泉記事」

最新記事

最新記事

2018/07/27

札幌市の「里塚温泉 ゆとり」が2018年10月末をもって閉店
2018/07/27

改修のため休業した「ニセコ新見温泉」、その後は?
2018/04/07

「ニセコ ワイスホテル」が2018年3月17日をもって閉館
2018/04/02
滝川ふれあいの里
滝川市「滝川ふれあいの里」が指定管理者変更
2018/03/18
章月グランドホテル
定山渓温泉「章月グランドホテル」が事業譲渡
→ 記事一覧

◇ご注意
当サイト独自の見解で記載しているため、一部に不適切な表現が含まれる場合がございます。
確実な情報をお知りになりたい方は、ご自身での確認を宜しくお願い致します。
また、何かお気づきの点がございましたら、お手数ですが連絡をお願い致します。
(湯めぐりねっと編集部)

<PC版>
日帰り温泉|湯めぐり札幌DX
https://yumeguri.net


<スマホ版>
日帰り温泉|湯めぐり札幌DX
https://yumeguri.net/sp



 このページの先頭へ

copyright©  湯めぐりねっと all rights reserved.