本文へスキップ

ニセコの「新見温泉」が閉館(廃業)

新見温泉、まさかの閉鎖・・

2015/10/27記述、2015/12/10追記、
2016/03/14追記、2016/03/29追記、
2016/09/06追記、2017/02/07追記、
2017/07/01追記

奥ニセコとも呼ばれる新見温泉郷


北海道磯谷郡蘭越町(札幌から一般道を車で約2時間30分)にある温泉地です。

明治41年、新見直太朗さんが発見し開祖となりました。
その後1910年には湯宿を開業しています。
新見直太朗さんが周辺道路を切り開き開拓したことから地名は「新見」と名付けられました。

新見温泉郷には、「新見本館」と「秘境の温泉宿 新見温泉ホテル」2軒の湯宿が隣接しています。
どちらの湯宿も開祖が同じ一族経営とされています。

良質な温泉は、神経痛、リウマチ、喘息、胃腸病などに効果があると、開湯以来 日本全国から多くの湯治客が訪れています。


古くから親しまれリピーターも多かった


どちらの湯宿も大変好評ですが、温泉では新見本館、食事では新見温泉ホテルの評価が比較的高い傾向が見受けられました。
両湯宿に共通しているのは、「地元の食材が美味しい」「風情がある」「おもてなしの心が感じられる」という利用者の感想が多いことです。

温泉ファンからは「過去に経験のない泉質」「露天風呂の環境が素晴らしい」と、”ニセコの秘湯”として楽しむリピーターがとても多かったようです。


衝撃の知らせ、新見温泉の閉館 ( ̄□ ̄;)


当サイト閲覧者から、驚きの一報がありました。
(Y・Zさま、ご連絡ありがとうございました)

新見温泉ホテル・新見本館が共に、
2016年3月末に閉館(廃業)するとの情報です。


■新見温泉ホテル
2015年の11月から12月中は、不定期の休業に入る模様。
宿泊及び日帰り入浴の利用は難しい状況とのこと。

また、2016年の1月から2月中は、海外の団体ツアー客の予約で満室のため、
日帰り入浴の利用は困難な状況。
「日帰り入浴は3月に利用して頂きたい」とのことです。
但しその時点で、宿泊が可能かどうかは不明だそうです。

■新見本館
3月末の閉館(廃業)まで、通常通り営業する予定だそうです。
ですが、宿泊の利用は3月10日頃までで、それ以降は日帰り入浴のみ対応とのことです。

正直言って、かなりショックでした。
(-_-;)
ニセコでは2014年の「薬師温泉廃業」で驚きましたが、またしても歴史のある老舗施設の閉鎖ということで寂しい気持ちでいっぱいです。
(T_T)

当サイト編集部でも、事実確認のため両温泉宿へ問い合せたところ、「新見温泉ホテル」・「新見本館」共に、やはり2016年4月の営業は無いようです。

新見本館は、「2016年3月までの営業を予定」とあくまで”予定”を強調されていました。
しかし、「4月の予約はできない」と、そこははっきりとご返答をいただきました。

新見温泉ホテルは、「2015年2016年共に、宿泊予約はもう受け付けできない、日帰り入浴は2016年3月まで受け付けている」とのご返答でした。

新見温泉の廃業は信じたくなかったのですが、これらのことから廃業は事実のようです・・。


2016年、 新見温泉が閉館



新見本館(2015/11)
近年、ニセコ周辺地区での発展はめざましいものがあります。

宿泊施設はもとより、飲食店や遊戯施設、新たな住居区画の展開など、その環境変化は国道または主要道路を通行するだけでも目に見えて感じることができます。

多くの人々が「変わりゆくニセコ」に期待をふくらませる状況の最中、著しい変化に馴染めずに苦境を強いられている様々な施設が存在するのは否めません。

この度の「新見温泉閉鎖」の背景にこれらが該当するかは定かでありませんが、少し考えさせられる一件ではあります。
ニセコ名湯の代表格ともいえる新見温泉。
”閉館”ということですが、突然過ぎて「どうにもピンとこない」というのが正直な感想です。


新見温泉ホテル(2015/11)
新見温泉は明治45年開業とのことですから、100年以上の歴史があることになります。
長い間ニセコの秘湯として沢山の人々に愛され、また訪れる全国各地の人々を癒し続けてきました。
みなさんの胸には、どのような想いが残されているでしょうか・・。

2016年3月末日、新見温泉は長い歴史に幕を下ろします。



2015/12/10追記
12月8日(火)の北海道新聞(夕刊)に、「新見温泉」の記事が掲載されました。
両館ともに「利用者の減少」、「後継者が見つからない」、が閉館の主な理由とされます。

新見本館は2016年3月26日(土)に、
新見温泉ホテルは2016年3月31日(木)で営業を終了
するようです。
(情報提供: Y・Zさま、ひろエモンさま)


2016/03/14追記
営業終了日が一部変更となった模様です。
新見本館は3/26(土)の閉館予定でしたが、日帰り入浴は3/31(木)まで営業するようです。
また、新見温泉ホテルは3/20頃までの営業としています。
(2/21 道新ウェブより)


2016/03/29追記
「新見温泉が存続」との情報がありました。
詳しくはこちら↓
ニセコの「新見温泉」が存続か?!


2016/09/06追記
「新見温泉が再開予定」との情報がありました。
詳しくはこちら↓
ニセコの「新見温泉」が再開予定


2017/02/07追記
2017年1月7日(土)に再開した「新見温泉」へ行ってきました。
ニセコの温泉「新見温泉」のご紹介


2017/07/01追記
2017年7月1日(土)より、再開日未定長期休業です。
*施設老朽化に伴う改修工事が主な理由



新見温泉ホテル(北海道磯谷郡蘭越町字新見5番地)
新見本館(北海道磯谷郡蘭越町字新見1)

当サイト店舗ページはこちら↓
新見温泉


湯めぐり札幌「温泉記事」

最新記事

最新記事

2018/07/27

札幌市の「里塚温泉 ゆとり」が2018年10月末をもって閉店
2018/07/27

改修のため休業した「ニセコ新見温泉」、その後は?
2018/04/07

「ニセコ ワイスホテル」が2018年3月17日をもって閉館
2018/04/02
滝川ふれあいの里
滝川市「滝川ふれあいの里」が指定管理者変更
2018/03/18
章月グランドホテル
定山渓温泉「章月グランドホテル」が事業譲渡
→ 記事一覧

◇ご注意
当サイト独自の見解で記載しているため、一部に不適切な表現が含まれる場合がございます。
確実な情報をお知りになりたい方は、ご自身での確認を宜しくお願い致します。
また、何かお気づきの点がございましたら、お手数ですが連絡をお願い致します。
(湯めぐりねっと編集部)

<PC版>
日帰り温泉|湯めぐり札幌DX
https://yumeguri.net


<スマホ版>
日帰り温泉|湯めぐり札幌DX
https://yumeguri.net/sp



 このページの先頭へ

copyright©  湯めぐりねっと all rights reserved.