本文へスキップ

奈井江町の「ないえ温泉」が閉館(2019年)

「ないえ温泉」が閉館(2019年)

2019/07/11記述、2019/07/25追記

ないえ温泉ホテル 北乃湯


「ないえ温泉ホテル 北乃湯」
北海道空知郡奈井江町字東奈井江162

札幌から一般道で約2時間。

高速自動車道「奈井江砂川 IC」近く、道道114号線沿いに建つ温泉宿泊施設です。

建物は大自然に囲まれた場所にあり、館内のいたるところで自然を満喫することができます。



「ないえ温泉」が 、8月末で閉館


「ないえ温泉ホテル 北乃湯」の館内
当サイト閲覧者から情報がありました。
(Y・Zさま、べんさま、S・Yさま、ありがとうございました)

その情報とは・・・
「ないえ温泉ホテル 北乃湯が、2019年8月末で休館する」というものです。
休館理由は ”利用者の伸び悩みによる経営の悪化” としており、今後は購入済みの「入浴回数券」の払い戻しが行なわれるようです。

現時点(7月上旬)では、公式サイトおよび奈井江町役場(HP)において、休館の告知は一切行われておりません。
休館まではまだ約1ヶ月半あるため、今後徐々に告知されていくものと思われます。

ないえ温泉は営業を再開してから、まだ2年も経過していません・・。
厳密に言うと、今年の8月末で閉鎖となれば「再開してから1年9ヶ月で休館になる」ということになります。
この短い運営期間から、「経営状態が如何に厳しい状態であるか」ということを察することができます。


「ないえ温泉」は、再開したばかり


「ないえ温泉ホテル 北乃湯」の浴場
さかのぼること約3年前の2016年。
「新ないえ温泉 ホテル北乃湯」が突如破産し、温泉施設は閉鎖となりました。

閉鎖から1年2ヶ月後の2017年12月。
新たな指定管理者(恵庭開発グループ)が選定され、温泉施設は再開することになります。

ホテル名は、「新ないえ温泉 ホテル北乃湯」から「ないえ温泉ホテル 北乃湯」へ変更。
経年劣化した浴場棟と、施設維持を目的とした建物の大規模な改修工事も行なわれました。
建物をリニューアルし、新たなスタートをきった「ないえ温泉」。
施設では、毎月様々なイベントが行なわれ、昨年に私が訪れた際も館内は活気づいていたように思います。

再開から約1年半が経過し、新体制の施設に安心感さえ覚えてきたところに、「2019年8月末で休館する」という突然の情報。
正直驚きました・・。
短期間での閉館が続くと、やはり「今後の再開」が心配になります。


「ないえ温泉」は、当面休業か


「ないえ温泉ホテル 北乃湯」の休憩所
上記にもありますが、2016年に閉鎖した際には、再開まで1年2ヶ月が経過しています。
と言っても、これは建物の大幅な改修工事を含めた期間ですので、改修がなければこれよりも早い再開が可能なのかと・・。

しかしその一方で、再開が遅れる要因もいくつか考えられます。

「ないえ温泉」は源泉温度が低い(11.5℃)ため、温泉を加温しています。
冬季に再開した場合は燃料費がかさむことが予想され、再開を来年春以降とする可能性があります。
また、度重なる ”施設の閉館” が生んだ不信感の影響で、指定管理者の選定が思うように進まないことも考えられます。
この場合、休業が長期におよぶ事態も否定できません・・。

いづれにしても2019年9月より、しばらくの間は休業となりそうです。
「ないえ温泉」は自然を満喫できる貴重な温泉施設ですので、早めの再開を願いたいものです。



2019/07/25追記

奈井江町HPで「営業休止」の告知


「ないえ温泉ホテル 北乃湯」の館内
当サイト閲覧者から情報がありました。
(やま様、ありがとうございました)

7/17(水)に奈井江町のホームページで、ないえ温泉の「休館告知」がされました。
告知内容を一部抜粋し記載いたします。

< 奈井江町のHPより >

今春、温泉の指定管理者である「伊達観光・新篠津開発 共同企業体」から、「利用者、売り上げ、共に大きく減少し、経費削減を行いながら運営していたが、累積赤字が増大し、グループ企業が行ってきた資金援助にも限界が生じてきた」と町に指定管理料の追加の要請がありました。

これに対し町では、食事の改善、営業活動の強化など、収入の面も含めた経営改善計画の策定を求めてきたところです。

その後、改めて指定管理者から、「これ以上の売り上げ増を見込むことは大変難しく、指定管理料の追加がないのであれば、早期に撤退するしかない」との申し入れがなされました。

このような状況から、現指定管理者による運営の継続は難しいとならざるを得ず、令和元年8月31日をもって、大変残念ではありますが、当面の間、温泉の休館をすることになりました。

また、休止後の温泉のあり方については、すぐに営業を再開するのではなく、時間をかけて町民の皆さんと協議をしながら決めていきたいと考えています。
これまでご利用いただきました町民の皆様に感謝申し上げるとともに、今回の休館について、ご理解賜りますようお願い申し上げます。
(以下省略)

上記の内容から、「ないえ温泉」が非常に厳しい経営状態であったことがわかります。

告知内容には、指定管理会社から管理料追加の要請があったことや、それに対して町は経営改善の要求に止まったこと、にも言及しています。
そして肝心な温泉施設の再開については「すぐには再開せず 協議を行なう」としており、再開を含めた多岐に渡る可能性を模索するものとみられます。

現時点では多くのことが未定ですが、「ないえ温泉の早い再開はない」というのだけは残念ながら確かのようです。




− ないえ温泉ホテル 北乃湯 −
「ないえ温泉ホテル 北乃湯」の入口付近
■営業内容
北海道空知郡奈井江町字東奈井江162
温泉:含硫黄-ナトリウム-炭酸水素塩泉(硫化水素型)
日帰り入浴:大人520円 子供360円
定休日 年中無休

浴場の窓は大きく開放的。
露天風呂では裏山の木々を眺めながらの入浴することができる。

当サイト店舗ページ↓
ないえ温泉ホテル 北乃湯

関連記事
奈井江町の「新ないえ温泉」が閉鎖(2016年)


湯めぐり札幌「温泉記事」

最新記事

最新記事

2019/09/16

札幌市の温浴施設「たまゆらの灯」が24時間へ
2019/08/12

札幌市の「蔵ノ湯」が温泉を終了?!
2019/07/11

奈井江町の「ないえ温泉」が閉館(2019年)
2018/07/27

札幌市の「里塚温泉 ゆとり」が2018年10月末をもって閉店
2018/07/27

改修のため休業した「ニセコ新見温泉」、その後は?
→ 記事一覧

◇ご注意
当サイト独自の見解で記載しているため、一部に不適切な表現が含まれる場合がございます。
確実な情報をお知りになりたい方は、ご自身での確認を宜しくお願い致します。
また、何かお気づきの点がございましたら、お手数ですが連絡をお願い致します。
(湯めぐりねっと編集部)

<PC版>
日帰り温泉|湯めぐり札幌DX
https://yumeguri.net


<スマホ版>
日帰り温泉|湯めぐり札幌DX
https://yumeguri.net/sp



 このページの先頭へ

copyright©  湯めぐりねっと all rights reserved.