本文へスキップ
 トップページ

日帰り温泉|湯めぐり札幌DX

札幌・近郊の日帰り温泉へ行こう!
札幌発!温泉情報サイト。
札幌・近郊にある日帰り温泉を「カテゴリ別」で紹介しています。
店舗情報や関連記事、温泉ニュースなどもお楽しみください。
日帰り温泉、湯めぐり札幌
地区別 カテゴリ
札幌・近郊の日帰り温泉施設を 地区別で紹介します。
札幌市手稲区 札幌市北区 札幌市東区 札幌市中央区
札幌市厚別区 札幌市豊平区 札幌市南区
石狩・月形・岩見沢 小樽・積丹・京極 長沼・千歳・苫小牧 ニセコ・岩内・島牧
夕張・芦別・滝川 深川・留萌 洞爺・壮瞥・北湯沢 白老・登別・室蘭
日高・平取

距離別 カテゴリ
「市外地」の日帰り温泉施設を 距離別で紹介します。
遠いけど札幌市の温泉 札幌から「車で1時間以内」に所在する温泉施設 札幌から「車で2時間以内」に所在する温泉施設 札幌から「車で3時間以内」に所在する温泉施設
*車をクリック


条件別 カテゴリ
札幌・近郊の施設および設備を 条件別で紹介します。
「オープン・リニューアル」した札幌・近郊の温浴施設 札幌・近郊の温浴施設「人気ランキング」 札幌・近郊の温泉宿「0泊プラン(デイユース)」
札幌・近郊の温浴施設「岩盤浴」 札幌・近郊の温浴施設「24時間営業」 札幌・近郊の温泉「お湯の種類」
札幌・近郊のスーパー銭湯 北海道の温泉地にある「手湯・足湯」


ニュース カテゴリ
札幌・近郊および北海道のニュースを記載しています。
お店の情報
札幌・近郊の温浴施設
<直近5件>
<2022年>
◇うたしない チロルの湯
6/1(水)〜4(土)は、館内メンテナンスのため休館です。
◇ログホテル メープルロッジ【岩見沢市】
6/1(水)、2(木)は、定期メンテナンスのため休館です。
◇天然温泉 あしべ屯田【札幌市北区】
6/1(水)より、入浴料金が改定です。
*大人550円→600円(早割500円→550円)
*シルバー460円→500円
◇むかわ温泉 四季の湯
5/30(月)、31(火)は、館内メンテナンスのため全館休館です。
◇天然温泉 岩見沢ゆらら
5/30(月)より、岩盤浴の営業時間が変更です。
【変更前】10:00〜22:00
【変更後】10:00〜20:00
札幌・近郊の温浴施設「お店の情報」
長期休業 札幌・近郊の温浴施設
<2022年 最新1件>
◇キロロ温泉 森林の湯【赤井川村】
4/4(月)より、トリビュートホテル閉館に伴い休業・閉館です。
*2022年冬に再開予定
札幌・近郊の温浴施設「長期休業」
トピックス 札幌・近郊の温浴施設
<2022年 最新2件>
ないえ町「ないえ温泉」
民間企業へ譲渡の方針
空知郡奈井江町字東奈井江に所在する2019年に閉鎖となった温泉施設「ないえ温泉ホテル 北乃湯」が民間企業へ譲渡される模様。
町は、「ないえ温泉」と周辺施設について、公募型プロポーザル方式で民間企業に譲渡すると発表した。
建物は無償譲渡とするが、土地は有償譲渡(譲渡価格8,625,051円)される模様。
今後、民間事業者の選定を行ない、施設の譲渡先を決定する。

同施設は、経営悪化のため2019年8月末で閉館。施設の指定管理会社が撤退している。
記事→ 奈井江町の「ないえ温泉」が閉館(2019年)
(2022/05記述)
情報提供/Y・Zさま
画像/奈井江町役場HP


昆布川温泉 幽泉閣
4月24日に足湯が再開
磯谷郡蘭越町にある温泉宿泊施設「昆布川温泉 幽泉閣(ゆうせんかく)」敷地内に、2022年4月24日(日)足湯が新設されオープンとなった。
新設された足湯は、新たに増築されたボイラー室の建物外側に併設された。

もともと、施設の敷地内には足湯が設備されていたが、2020年11月3日をもって営業を終了。
施設のボイラー老朽化に伴う「ボイラー室増築」のため、昨年6月には足湯が解体・撤去されていた。
足湯は閉鎖となってから、約1年半ぶりの再開。
天然保湿成分メタケイ酸を多く含む「源泉かけ流し」の温泉を無料で楽しめる。
(2022/04記述)
情報提供/Y・Zさま
画像/道新より
札幌・近郊の温浴施設「トピックス」
記事 北海道の温浴施設関連
<最新5件>
2022/05/21記述
定山渓の足湯「足つぼの湯」は、2020年に閉鎖
2022/04/29記述
積丹町「岬の湯 しゃこたん」が2022年4月29日に再開
2022/01/04記述
「朝里川温泉ホテル」が2022年1月オープン!
2021/07/04記述
札幌市の「蔵ノ湯」が2021年7月に温泉再開!
2021/04/14記述
札幌市のスーパー銭湯「極楽湯」が全店閉店
「湯めぐり札幌」の記事
北海道ニュース 北海道の温泉関連
<2022年 最新2件>
北斗市「七重浜の湯」
6月中にも再開予定
昨年(2021年)閉館となった、北斗市七重浜に所在する温泉施設「天然温泉 七重浜の湯(ななえはまのゆ)」が、本年6月中にも営業を再開する模様。
新たに施設を運営するのは、函館市内で温泉施設を運営する合同会社ブルス(函館)。
営業再開となるのは施設1階の「温泉部門のみ」としており、地下のフィットネスジムや2階のレストランは当面の間、休業を継続する。また、再開に伴う「施設名称の変更」は行なわない方針。

同施設は、函館山を見渡せる眺望が人気で、開業から多くの人に親しまれる施設であったが、水道・電気代の上昇、ボイラー用の燃料高騰などが経営を圧迫し、2021年9月に閉館となった。
閉館後、土地・建物を所有するマルカツ興産は、建物を存続させるべく新たな運営者を探していた。
(2022/05記述)
情報提供/Y・Zさま
画像/道新より


阿寒湖温泉 新設された足湯
名称「ウレ・カリ
」に決定
2021年3月末に廃業となった、阿寒湖温泉の日帰り温泉施設「まりも湯」跡地に、「足湯」が新設された。
施設を手がけるのは、鶴雅リゾートが出資する会社「阿寒温泉土地」。
事業費約7千万円をかけ、アイヌ模様を基調とした無料の足湯を2022年4月29日(金)にオープンさせた。

同年2月時点で足湯は無名となっており、施設名称を一般公募していたが、選定の末、足湯の名称は阿寒湖まりも足湯「ウレ・カリプ」に決定。
アイヌ語でウレは「足」、カリプは「輪」を意味しており、足湯に集まる人々の輪や子供たちの学びの輪をイメージし、世界中の人が足湯に集まり繋がりが出来ていく場所になるよう、願いが込められた名称となっている。
(2022/05記述)
情報提供/Y・Zさま
画像/道新より
北海道ニュース


お知らせ
当サイト編集部からの連絡事項です。
  • 重要なお知らせ 
  • お知らせ 
  • ご注意 

2020/08
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、営業内容を一時的に変更している施設がございます。ご注意ください。
■変更内容の例
 ・営業時間の短縮
 ・宿泊施設の場合、日帰り入浴の休止
 ・24時間営業の場合、深夜営業の休止
   〜等




2022/04
「札幌遠郊の温泉施設」は、更新を終了しました。
更新終了ページ
2022/04
サイト内コンテンツの一部を終了しました。
SPモード *終了

2022/03
まめ知識ページに「温泉の泉質」を追加しました。

2022/02
条件別カテゴリのお湯の種類に「強塩泉」を追加しました。

2021/11
条件別カテゴリを追加しました。(オープン、人気、0泊プラン)

2021/11
距離別カテゴリを追加しました。(遠いけど札幌市の温泉)
*札幌市をクリック

2020/08
サイトをリニューアルしました。(モバイルフレンドリー)

2020/08
サイトのリニューアルに伴い、一部コンテンツの更新を終了いたしました。
旧コンテンツはこちら↓
湯めぐり札幌 *更新は終了しました
2019/10
消費税率の変更に伴い、2019年10月から料金を改定した温浴施設がございます。

2019/10
公衆浴場入浴料金の統制額(上限額)改定に伴い、2019年10月より料金を改定した温浴施設がございます。

2018/08
「その他の入浴施設」は、更新を終了しました。
更新終了ページ
2014/08
公衆浴場入浴料金の統制額(上限額)改定に伴い、2014年8月より料金を改定した温浴施設がございます。

2014/04
消費税率の変更やエネルギーコストの上昇に伴い、2014年4月から料金を改定した温浴施設がございます。





人工温泉の施設は「スーパー銭湯」のページで紹介しています。


当ページの内容には、参考情報として一部に「日帰り温泉でない記載」も含まれています。



セカンド ページ
「湯めぐり札幌」の更新履歴
「湯めぐり札幌」の掲示板
「湯めぐり札幌」の湯めぐり記録
温泉に関する「まめ知識」
「湯めぐり札幌」の店舗一覧
札幌・近郊の日帰り温泉ランキング
札幌・近郊のスーパー銭湯ランキング
「湯めぐり札幌」のご案内
「湯めぐり札幌」の編集室
「湯めぐり札幌」のリンク



PR リンク
お風呂グッズの湯楽堂

ペットと行こう!北海道の温泉





このエントリーをはてなブックマークに追加



<トップページ>
日帰り温泉|湯めぐり札幌DX
https://yumeguri.net



 このページの先頭へ

copyright©  湯めぐりねっと all rights reserved.